rtadvd interface

ルータ広告をインタフェース毎に設定する。

実行権限
admin

rtadvd interface

ルータ広告について、インタフェース毎に有効化または無効化を設定する。

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } { enable | disable }
<lan> <vlan>
設定するインタフェース
既定値
disable
enable
有効化する
disable
無効化する

rtadvd interface curhoplimit

ルータ広告(Router Advertisement)で広告するホップ限界の値(Current Hop Limit)の設定

rtadvd interface { <lan> | <vlan> }  curhoplimit { none | system-default | <number> }
<lan> <vlan>
設定するインタフェース
curhoplimit
ホップ限界の値
<number>
任意の値を指定する
設定範囲
1 - 255
none
値を指定しない
system-default
既定値を使用する
既定値
64

rtadvd interface managed-flag

ルータ広告(Router Advertisement)で広告する広告外アドレス管理フラグ(Managed Flag)の設定

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } managed-flag { on | off }
<lan> <vlan>
設定するインタフェース
managed-flag
広告外アドレス管理フラグ
既定値
off
on
フラグを使用する
  • 広告を受けた端末は ルータ広告以外の方法でアドレス設定を行う
off
フラグを使用しない
  • 広告を受けた端末はルータ広告以外の方法でアドレス設定を行わない

rtadvd interface max-interval

ルータ広告(Router Advertisement)を送信する最大送信間隔の設定

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } max-interval { auto | <number> }
<lan> <vlan>
設定するインタフェース
max-interval
最大送信間隔
<number>
任意の送信間隔を指定する
設定範囲 単位
4 - 1800
auto
送信間隔を自動設定する
既定値
600

Note

最大送信間隔に設定された値の4分の3以上の値が最小送信間隔(min-interval)に設定されていた場合は、 コマンドラインにwarningを表示し、最小送信間隔の値は最大送信間隔の3分の1として動作します。 (最小送信間隔の設定内容は維持しますが、動作上の値は変更します)

最大送信間隔に設定された値がルータ生存期間(router-lifetime)に設定されている値より小さい場合は、 コマンドラインにwarningを表示し、ルータ生存期間の値は最大送信間隔の3倍として動作します。 (ルータ生存期間の設定内容は維持しますが、動作上の値は変更します)

rtadvd interface min-interval

ルータ広告(Router Advertisement)を送信する最小送信間隔の設定

rtadvd interface { <lan> | <vlan> }  min-interval { auto | <number> }
<lan> <vlan>
設定するインタフェース
min-interval
最小送信間隔
<number>
任意の送信間隔を指定する
設定範囲 単位
3 - 1350
auto
送信間隔を自動設定する
既定値
max-intervalの3分の1

Note

最小送信間隔に設定された値が最大送信間隔(max-interval)に設定されている値の4分の3以上であった場合は、 コマンドラインに warning を表示し、最小送信間隔の値は最大送信間隔の値の3分の1として動作します。 (入力した値を設定に反映しますが、動作上の値は変更します)

rtadvd interface mtu

ルータ広告(Router Advertisemnt)で広告する MTU 値の設定

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } mtu { auto | none | <number> }
<lan> <vlan>
設定するインタフェース
mtu
MTU値
既定値
none
<number>
任意のMTU値を指定する
設定範囲
1280 - 1500
none
指定しない(MTU オプションを付加しない)
auto
インタフェースのMTU値を使用する

rtadvd interface other-flag

ルータ広告(Router Advertisement)で広告する広告外情報取得フラグ(Other Flag)の設定

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } other-flag { on | off }
<lan> <vlan>
設定するインタフェース
other-flag
広告外情報取得フラグ
既定値
off
on
フラグを使用する
  • 広告を受けた端末は ルータ広告以外の方法でアドレス以外の情報の設定を行う
off
フラグを使用しない
  • 広告を受けた端末はルータ広告以外の方法でアドレス以外の情報の設定を行わない

rtadvd interface reachable-time

ルータ広告(Router Advertisement)で広告する到達性情報の有効期間(reachable Time)の設定

rtadvd interface <interface> reachable-time { none | <number> }
<lan> <vlan>
設定するインタフェース
reachable-time
到達性情報の有効期間
既定値
none
<number>
任意の有効期間を指定する
設定範囲 単位
1 - 3600000 ミリ秒
none
値を指定しない

rtadvd interface retransmit-timer

ルータ広告(Router Advertisement)で広告する制御情報の再送間隔(Retrasnmit Timer)の設定

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } retransmit-timer { none | <number> }
<lan> <vlan>
設定するインタフェース
retransmit-timer
制御情報の再送間隔
既定値
none
<number>
任意の再送間隔を指定する
設定範囲 単位
1 - 4294967295 ミリ秒
none
値を指定しない

rtadvd interface router-lifetime

ルータ広告(Router Advertisement)で広告するルータ生存時間(Router Lifetime)の設定

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } router-lifetime { none | system-default | <number> }
<lan> <vlan>
設定するインタフェース
router-lifetime
ルータ生存時間
<number>
任意の生存時間を指定する
設定範囲 単位
4 - 9000
none
値を指定しない
system-default
既定値を使用する
既定値
1800

Note

ルータ生存期間に設定された値が最大送信間隔(max-interval)に設定されている値より小さい場合には、 コマンドラインに warning を表示し、ルータ生存期間の値は最大送信間隔の値の3倍として動作します。 (入力した値を設定に反映しますが、動作上の値は変更します)

rtadvd interface anti-rogue

他のルータから送信されるルータ広告(Router Advertisement)を打ち消す機能の設定

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } anti-rogue { on | off }
<lan> <vlan>
設定するインタフェース
anti-rogue
ルータ広告打消しパケットの送信
既定値
off
on
送信する
off
送信しない