set smfv2 network

SMFv2モードでの優先ネットワークを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji

set smfv2 network add

SMFv2モードでの優先ネットワークの設定を追加する。

set smfv2 network add static address <IPv4address>[/<prefixlen>] gateway <IPv4address>
設定上限
1エントリ
static address
静的IPアドレスを指定する
<IPv4address>[/<prefixlen>]
インタフェースのIPv4アドレスとプレフィックス長
gateway
デフォルトゲートウェイを指定する
<IPv4address>
ゲートウェイのIPv4アドレス

Note

注:
  • setコマンドは、フラッシュメモリ(ストレージ)上の内部的な起動情報を直接変更します。このため、show コマンドで参照できず、saveコマンドでコンフィグとして保存されることもありません。
  • 既に設定されている場合には、設定内容を上書きします。

SMFv2 モードで動作している時に、設定された静的IP アドレスとデフォルゲートウェイを使用してLS/RSサーバと通信します。

SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/BPV4
LS/RSサーバと通信するためにlan1インタフェースを使用します。
SEIL/x86 Fuji
LS/RSサーバと通信するためにlan0インタフェースから順に接続を試みます。

set smfv2 network delete

SMFv2モードでの優先ネットワークの設定を削除する。

set smfv2 network delete static address