show status route dynamic pim-sparse

IPv4マルチキャスト(PIM-SM)の情報を参照する。

実行権限
admin, user
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
show status route dynamic pim-sparse

実行例

# show status route dynamic pim-sparse
Virtual Interface Table
 Vif  Local-Address     Subnet               Thresh   Flags          Neighbors
   0   192.168.0.1       192.168.0.0/24       1        DISABLED DR NO-NBR

Multicast Routing Table
 Source          Group           RP-addr         Flags
 --------------------------(*,*,RP)--------------------------
 Number of Groups: 0
 Number of Cache MIRRORs: 0

 ---------------------------RP-Set----------------------------
Current BSR address: 0.0.0.0
 RP-address      Incoming   Group prefix   Priority   Holdtime
 10.2.0.2        1          224.0.0.0/4    0          65535

Note

IPv4 マルチキャスト(PIM-SM)機能の情報を表示します。表示内容は大きく以下の4項目に分けられます。

Virtual Interface テーブル

VIF(Virtual Interface)テーブルは、IPv4 マルチキャストルーティングにおいて、その対象となるインタフェースを一覧したものです。

 Virtual Interface Table 
  Vif  Interface Local-Address     Subnet               Thresh   Flags          Neighbors 
   0   lan0      192.168.40.1      192.168.40.0/24      1        DR NO-NBR 
   1   lan1      192.168.3.100     192.168.3.0/24       1        DR PIM         192.168.3.1 
   2   lan2      10.10.10.204      10.10.10.0/24        1        DISABLED DR NO-NBR 
各フィールドは以下のような意味を持ちます。
  • Vif
    • マルチキャストルーティング機能で用いられるインタフェースの番号
  • Interface
    • Vifに紐づくインタフェース名
  • Local-Address
    • このインタフェースのプライマリアドレス
  • Subnet
    • このインタフェースが所属するサブネットのネットワークドレス
  • Thresh
    • このインタフェースにマルチキャストパケットをフォワーディングする場合のTTLの閾値
  • Flags
    • このインタフェースでのPIM-SM の状態
      • DISABLED : このインタフェースではPIM-SMは無効
      • DOWN : インタフェースはダウンしている
      • DR : 所属するサブネットにおいてDR(Designated Router)である
      • PIM : 所属するサブネット内に他のPIMルータが存在する
      • NO-NBR : 所属するサブネット内に他のPIMルータが存在しない
  • Neighbors
    • 所属するサブネット内の他のPIMルータ

(*, G)ツリー

(*, G) ツリーでは、特定のマルチキャストグループにおける共有ツリーの状態を表示します。 このツリーはマルチキャストグループのそれぞれについて表示されます。

  Source          Group           RP-addr         Flags 
 ---------------------------(*,G)---------------------------- 
  INADDR_ANY      234.56.78.9     3.3.3.3         WC RP 
 Joined   oifs: ... 
 Pruned   oifs: ... 
 Leaves   oifs: l.. 
 Asserted oifs: ... 
 Outgoing oifs: o.. 
 Incoming     : .I. 
 Upstream nbr : 192.168.3.1 
 
 TIMERS: Entry=0 JP=60 RS=0 Assert=0 
   VIFS  0   1   2   3   4   5   6   7   8   9 
     0   0   0   0 
各フィールドは以下の通りです。
  • ヘッダ
    • この共有ツリーについて、以下のような基本的な情報を提示します。
      • Source : マルチキャストの送信元アドレス (共有ツリーのため INADDR_ANY)
      • Group : この共有ツリーにおけるマルチキャストグループ (例では 234.56.78.9)
      • RP-addr : このマルチキャストグループが紐づくRP のアドレス
      • Flags : このツリーの状態、種類
        • WC : 共有ツリー (*, G)である
        • RP : RPをルートとするツリーである
  • ルーティングテーブル
    • この共有ツリーについて、Vifテーブルにおけるインタフェース番号順に状態を表示します。 それぞれ下記の要素からなるテーブルにおいて、アルファベット(j, p, l, a, o I)が立っている場合、 それが有効になっていることを示します。
      • Joined : Joinメッセージを受け取った (この方向に下位のPIMルータが存在する)
      • Pruned : Pruneメッセージを受け取った (この方向に下位のPIM ルータが存在した)
      • Leaves : 直下にReceiverが存在する
      • Asserted : Assertメッセージを受け取った
      • Outgoing : マルチキャストパケットをこのインタフェースへ転送する
      • Incoming : このマルチキャストグループに対するパケットはこのインタフェースから入る
      • Upstream nbr : マルチキャストパケットが流れてくる、上位のPIMルータのアドレス
  • TIMERS
    • この共有ツリーについて、エントリの有効期限(タイマー)の情報を提示します。
      • Entry : このルーティングテーブルの有効期限
      • JP : 次に上位方向にJoin/Pruneメッセージを送信するまでの時間
      • RS : 再度Registerメッセージを送信するまでの待機時間
      • Assert : 前回受け取ったAssertメッセージの有効期限
      • VIFS : インタフェース番号順に、各インタフェースにおけるルーティングテーブルエントリの有効期限

(S, G)ツリー

(S, G)ツリーでは、特定のソースとその宛先であるマルチキャストグループに紐づく 送信元ツリーの情報を提示します。

  Source          Group           RP-addr         Flags 
 ---------------------------(S,G)---------------------------- 
  192.168.10.100  234.56.78.9     3.3.3.3         CACHE SG 
 Joined   oifs: .j.. 
 Pruned   oifs: .... 
 Leaves   oifs: .... 
 Asserted oifs: .... 
 Outgoing oifs: .o.. 
 Incoming     : I... 
 Upstream nbr : NONE 
 
 TIMERS: Entry=210 JP=60 RS=0 Assert=0 
   VIFS  0   1   2   3   4   5   6   7   8   9 
     0   0 210   0   0 
各フィールドは以下の通りです。
  • ヘッダ部分
    • Source : このツリーにおける送信元 (Sender)
    • Group : このツリーにおける送信先マルチキャストグループ
    • RP-addr : このツリーが紐づくランデヴーポイントのアドレス
    • Flags : このツリーの状態
      • SG : (S, G)ツリー、送信元ツリーである
      • CACHE : カーネル内にこのテーブルのキャッシュが存在する
  • ルーティングテーブル本体
    • この送信元ツリーについて、Vifテーブルにおけるインタフェース番号順に 状態を表示します。それぞれ下記の要素からなるテーブルにおいて、 アルファベット(j, p, l, a, o I)が立っている場合、 それが有効になっていることを示します。
      • Joinded oifs : このインタフェースでJoinメッセージを受け取った (この方向に下位のPIM ルータが存在する)
      • Pruned oifs : Pruneメッセージを受け取った (この方向に下位のPIM ルータが存在した)
      • Leaves oifs : 直下にReceiverがいる
      • Asserted oifs : Assert メッセージを受け取った
      • Outgoing oifs : マルチキャストパケットをこの方向に転送する
      • Incoming oifs : マルチキャストパケットはこのインタフェースから入る
      • Upstream nbr : 送信元ツリーの上位の隣接 PIM ルータのアドレス (Senderがいる方向)

RP-Set

RP-Setでは現在設定されている静的ランデヴーポイントやBSRから通知されたRPのアドレスと、 マルチキャストグループの組の一覧を提示します

 ---------------------------RP-Set---------------------------- 
 Current BSR address: 0.0.0.0 
 RP-address      Incoming   Group prefix   Priority   Holdtime 
 3.3.3.3         1          234.56.78.9/32 0          65535
各フィールドの意味は以下の通りです。
  • Current BSR address : 現在利用しているBSR (BootStrap Router)のアドレス
  • RP-address : RPのアドレス
  • Incoming : RP方向のインタフェースの番号
  • Group prefix : 対象となるマルチキャストグループ
  • Priority : RPの優先度 (小さい値優先)
  • Holdtime : RPのエントリの有効期限