show status route

現在の経路表を参照する

実行権限
admin, user
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
show status route [all | counter | mtu | dst <dst_prefix> [detail]]

実行例

# show status route
Flags: C - Connected, M - Miscellaneous, B - BGP, O - OSPF, R - RIP, S - Static
       * - System route, ! - inconsistent

Destination        Gateway            Interface Flags  Dist.
1.1.1.0/24         192.168.0.1        lan0      S*        1
10.0.0.0/24        lan1               lan1      C*        0
127.0.0.0/8        loopback           loopback  C*        0
192.168.0.0/24     lan0               lan0      C*        0
192.168.2.0/24     lan2               lan2      C*        0
224.0.0.0/4        127.0.0.1          loopback  M*        -
all
システム経路として採用されていない経路も含めて表示
counter
各経路毎のシステム上での参照回数を表示
mtu
各経路毎のMTU情報を表示
dst
<dst_prefix>にて指定した経路情報のみを表示
<dst_prefix>
宛先のネットワークを指定
detail
経路の詳細情報を表示

Note

show status route で表示される Flags の情報は、以下の通りです。 detailオプションを指定すると、さらに以下の情報が表示されます。
Flag名 解説
C 経路の起源(origin): connected経路
M 経路の起源(origin): システムによる直接管理
B 経路の起源(origin): BGP経路
O 経路の起源(origin): OSPF経路
R 経路の起源(origin): RIP経路
S 経路の起源(origin): static経路
! 該当経路がルーティングプロセスとシステムの間で不一致
* System route(システム経路): static経路
  • System route(システム経路)とは、実際にシステムの経路表として採用された経路を指します。システム経路として採用されていない経路についても表示する場合は、"show status route all"コマンドを利用します。
  • Dist. は各ルーティングプロトコル毎のディスタンス値を示します。connected経路(インタフェースに直接割り当てられたアドレス空間に対応する経路)については、常に 0 となります。また、static経路として ディスタンス値を 255 に設定した場合は、システム経路として採用されません。