show status route dynamic rip

RIPプロセスが保持している経路情報を参照する。

実行権限
admin, user
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
show status route dynamic rip

実行例

# show status route dynamic rip
Flag: C - connected, O - OSPF, S - Static, R - RIP
Sub Flag: (d) - default, (i) - interface, (n) - normal, (r) - redistribute

Destination        Gateway          Metric Flag From            Tag Time
0.0.0.0/0          10.0.0.1              2 R(n) 10.0.0.103        0 02:46
10.0.0.0/24        -                     1 C(i) self              0 -

Note

Flag 及び Sub-Flag について、以下にまとめます。
Flag名 解説
R 経路の起源(origin): ripプロトコル
C 経路の起源(origin): connected経路
S 経路の起源(origin): static経路
O 経路の起源(origin): ospfプロトコル
Flag名 解説
d default-route originateコマンドで配布された経路
i インタフェースに付与されたアドレスとして配布された経路
r redistributeの設定により配布された経路
n RIPルータから受け取った、通常の経路
各表示項目について、以下にまとめます。
  • Destination
    • 宛先ネットワーク
  • Gateway
    • ゲートウェイアドレス
  • Metric
    • metric値
  • Flag
    • Flag 及び Sub Flag の2つで構成される。フラグの詳細については上記の表をご参照ください
  • From
    • 経路の送信元
    • RIPルータから受け取った場合はアドレス情報
    • 自身が送信元の場合は "self" と表示される
  • Tag
    • タグ値
  • Time
    • RIPルータから受け取った経路の場合は、経路の有効期限(TTL)が表示される