syslog remote-server

システムのメインメモリへ記録するログと異なる条件でのSyslogサーバへのログ転送を設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
設定上限
機種 上限
SEIL/B1 4
SEIL/X1 4
SEIL/X2 4
SEIL/x86 Fuji 4
SEIL/BPV4 4

syslog remote

ログをリモートサーバに転送するか否かを設定する。

syslog remote { on | off }
既定値
off
on
転送する
off
転送しない

syslog remote-server add

ログの転送先のリモートホストの設定を追加する。

syslog remote-server add <name> address <IPaddress>
  [port { <port> | system-default }]
  [hostname <hostname>]
  [facility { <facility> | system-default }]
  [sequence-number { on | off }]
  [alternate-timestamp { on | off }]
  [log-level { <level> | system-default }]
  [src { <IPaddress> | auto }]
<name>
追加するエントリの設定名
設定範囲 文字種 予約語
1 - 16文字 [ a-zA-Z0-9 _ ] all
address
ログ転送先IPアドレスを設定する
<IPaddress>
転送先IPアドレス
port
ログ転送先のポート番号を設定する
<port>
転送先ポート番号
設定範囲
1 - 65535
system-default
既定値を使用する
既定値
514
hostname
ログ識別子を設定する
既定値
""
<hostname>
識別子
設定範囲 備考
1 - 32文字 [ a-zA-Z0-9 - ], 空文字列("")指定可
facility
リモートホストにログを転送する際のファシリティを設定する。
既定値
off
<facility>
ファシリティ値
設定範囲
local0 - local7
system-default
既定値を使用する
既定値
local1
sequence-number
リモートホストにログを転送する際に、ログメッセージにシーケンス番号を付加するか否かを設定する。
既定値
off
on
付加する
off
付加しない
alternate-timestamp
リモートホストにログを転送する際に、タイムスタンプをログメッセージのMSG部に付加するか否かを設定する。
既定値
off
on
付加する
off
付加しない(RFC準拠の書式)
log-level
ログレベルによる絞り込みを設定する
  • 指定したレベル以上のログをリモートホストに送信します。
<level>
レベルを指定する
設定値
emerg | alert | crit | error | warning | notice | info | debug
system-default
既定値を使用する
既定値
debug
src
送信元IPアドレスを設定する
<IPaddress>
送信元とするIPアドレス
auto
送信元IPアドレスを指定しない

Note

<hostname>で設定された文字列はRFC3164で規定されたHOSTNAMEの位置(タイムスタンプ直後)に挿入されます。

<hostname>の先頭と末尾に"-"を使用することはできません。

起動直後のログのシーケンス番号は1です。シーケンス番号は999999999を越えると1に戻ります。

時刻をMSG部に記録することで、サーバがSYSLOGメッセージを受信した時刻とSEILが送信した時刻の両者を記録可能になります。

debug レベルのログを転送するためには、別途 syslog debug-level on により debug レベルログを記録する設定を行なう必要があります。

このコマンドで設定された送信先ホストには "syslog facility"、"syslog sequence-number"、"syslog alternate-timestamp" の設定は適用されません。

command-log および clear-password は個別に設定できません。共通の設定に従います。

syslog remote-server delete

ログの転送先のリモートホストの設定を削除する。

syslog remote-server delete { <name> | all }
<name>
削除するエントリの設定名
all
すべてのエントリ

syslog remote-server modify

ログの転送先のリモートホストの設定を変更する。

syslog remote-server modify <name>
  [address <IPaddress>]
  [port { <port> | system-default }]
  [hostname <hostname>]
  [facility { <facility> | system-default }]
  [sequence-number <sequence-number-mode>]
  [alternate-timestamp <alternate-timestamp-mode>]
  [log-level { <level>  | system-default }]
  [src { <source IPaddress> | auto }]
<name>
変更するエントリの設定名