traceroute6

IPv6ネットワーク上で、指定したホストへのネットワーク経路を調査する。

実行権限
admin, user
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
traceroute6 { <IPv6address> | <hostname> } [lookup-dns]
 [count <count>] [first-ttl <first_ttl>] [max-ttl <max_ttl>]
 [protocol { udp | icmp6 }] [port <port>] [src <src_IPaddress>] [waittime <time>]
<IPv6address>
経路を確認したいホストのIPv6アドレス
<hostname>
ネットワーク経路を確認したい相手先ホスト名
lookup-dns
ホスト名を表示する
count
ホップごとに送信するプローブ回数を指定する
<count>
1〜100(10進数), 0x01〜0x64(16進数)
first-ttl
プローブパケットのTime-To-Liveの初期値を指定する
<first_ttl>
1〜255(10進数), 0x01〜0xff(16進数)
max-ttl
プローブパケットのTime-To-Liveの最大値を指定する
<max_ttl>
1〜255(10進数), 0x01〜0xff(16進数)
protocol
使用するプロトコルを指定する
udp
UDPを使用する
icmp6
ICMPv6を使用する
port
プローブパケットの送信先ポート番号を指定する
<port>
1〜65535
src
プローブパケットの送信元IPアドレスを指定する
<src_IPv6address>
送信元として使用するIPv6アドレス
waittime
ホップごとのタイムアウトまでの時間
<time>
0.1〜300.0(秒, 小数第一位まで指定可)

Note

"protocol icmp6"を指定した場合、portの指定は無視されます。

実行を途中で終了する場合はCtrl-Cを入力してください。(2回Ctrl-Cを入力しないと終了しない場合があります)

注: ホスト名を指定する場合の注意事項
  • リモートホストを指定する際にIPアドレスではなくホスト名を指定する場合、名前解決のためにリゾルバの設定が必要です。

デフォルト値

キーワード 備考
protocol udp
port 33434
max-ttl 30
first-ttl 1
count 3
time 5