特殊キーの入力によるコマンドライン操作

SEILシリーズのコマンドラインインタフェースでは、通常のアルファベットキー以外のキー入力の組み合わせによるコマンドライン操作に対応しています。

特殊文字 説明
Space カーソル位置に空白を入力します。
BackSpace カーソルが1 文字前に移動し、その文字を削除します。
Ctrl-H, Del "BackSpace"と同じ意味を持ちます。
Ctrl-D カーソル位置にある文字を削除します。末尾にある場合は"?"と同じです。
Tab 入力中のキーワードが一つに特定できるのであれば、そのキーワードを補完します。
? 現在のコマンドラインで入力が可能なキーワードやパラメータを表示します。
Enter 現在のコマンド行を実行します。
Ctrl-M, Ctrl-J "Enter"と同じ意味を持ちます。
Ctrl-C 実行中のコマンドをキャンセルします。
Ctrl-F カーソルが1 文字後に移動します。
Ctrl-B カーソルが1 文字前に移動します。
Ctrl-A カーソルが行頭に移動します。
Ctrl-E カーソルが行末に移動します。
Ctrl-T カーソル位置とその1 文字前の文字を入れ替えてカーソルを1 文字進めます。コマンド実行中に入力すると、一部のコマンドは処理状況を表示します。
Ctrl-P コマンドヒストリを前方参照します。
Ctrl-N コマンドヒストリを後方参照します。
Ctrl-Space 切り取りの開始文字を指定します。
Ctrl-W 切り取りの終了文字を指定します。選択した範囲は切り取られます。
Ctrl-K カーソル以降を切り取ります。
Ctrl-Y 切り取りした文字列をカーソル位置に貼り付けます。
Ctrl-U すべての入力を取り消してプロンプトのみの状態にします。
Ctrl-V "?"など特別な意味を持つ文字を通常の文字として入力できます。ただし、制御文字(印刷できない文字) はコマンド処理の前に取り除かれます。
Ctrl-L 画面のクリアを行います。
' (シングルクォーテーション) 囲んだ文字列(空白を含む)を1 つの文字列として扱います。
" (ダブルクォーテーション) ' (シングルクォーテーション) と同様の意味を持ちます。
\ " (ダブルクォーテーション) や' (シングルクォーテーション) を通常の文字と同様に扱います。
注:

使用するコンピュータやターミナルソフトウェアの設定により、表の特殊文字と実際の動作が異なる場合があります。