Hyper-Vのアーキテクチャ

Hyper-Vのアーキテクチャの概要を説明します。

Hyper-V の構成は大きく以下の3つに分けられます
  • Hyper-Vハイパーバイザ
  • 親(ルート)パーティション
  • 子パーティション

親パーティションでは子パーティションおよびハイパーバイザの管理用のOSとしてWindows Server 2008が動作します。 子パーティションではSEIL/x86を含む任意のOSを動作させることが出来ます。 子パーティションに統合サービスが導入されているとより効率的に親パーティションが制御する物理デバイスとのやりとりが可能になり、 また管理ツールなどから特定の機能が利用可能となります。

ネットワーク関連に着目した場合以下のような構成になっています。

各ネットワークアダプタは仮想ネットワークの種類によって通信出来る対象が以下のように決まります。
  親パーティション 子パーティション
仮想ネットワークアダプタ 仮想ネットワークアダプタ 物理ネットワークアダプタ#2
プライベート × ×
内部 ×
外部