<URL>

URL指定により遠隔ホスト上のファイルを利用する場合に指定します。

スキームにより使用するプロトコルを指定できます。

遠隔ホストをホスト名で指定する場合は、リゾルバ機能が動作している必要があります。

使用可能なプロトコルは機能(コマンド)ごとに異なります。また、遠隔ホスト側で対応するサーバ機能が動作している必要があります。

ファイルへのアクセスにベーシック認証が必要な場合はユーザ名とパスワードをURLに記述します。 ユーザ名またはパスワードの文字列に"@"や"/"等のURLの解釈上問題となる記号が含まれる場合は、URLエンコードに置き換えて記述してください。

図: スキームと、対応するプロトコル

スキーム プロトコル
ftp:// FTP
http:// HTTP
https:// HTTPS(HTTP over SSL)
tftp:// TFTP
scp:// scp(secure copy)
http://example.jp/firm/seilfirm.img
            http://username:password@example.jp/account/list.csv
            tftp://example.jp/support/report.txt
注:

URLに"?"を含む場合の入力方法

"?"はコマンドラインヘルプを表示する制御文字であるため、コマンドライン操作では文字として入力できません。文字としての入力方法はユーザインタフェースによって異なります。
コンソールやTelnetなどコマンドシェルから入力する場合
Ctrl + v キーの入力後に?キーを入力します。Ctrl + v は、次の文字を制御文字としない事を指示する操作です。操作端末によりキー割り当てが異なる場合があります。
"load-from"コマンドまたはWebインタフェースでコンフィグファイルを読み込む場合
回避操作不要で"?"を入力可能です。
IIJ SMF sxサービスのコマンドラインコンフィグの場合
"<url>" のように、URL全体をダブルクォーテーションで括る必要があります。
SACMサービスのコントロールパネルの場合
回避操作不要で"?"を入力可能です。
注:スキームにhttpsを使用する場合の注意事項
  • HTTPSのサーバ証明書の検証及び、クライアント認証はサポートしていません
注:スキームにscpを使用する場合の注意事項
  • ログイン先のSecure Shellサーバが scp に対応している必要があります。
  • Secure Shellプロトコルバージョンは適切なものが自動的に選択されます。
  • URLの記述にパスワード文字列が含まれていても無視します。
  • known-hostsキャッシュデータベースはSecure Shellクライアント機能と共通です。
注:ホスト名を指定する場合の注意事項
  • リモートホストを指定する際にIPアドレスではなくホスト名を指定する場合、名前解決のためにリゾルバの設定が必要です。