environment

コマンドインタフェースの操作環境を設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

environment login-timer

コマンドインタフェース無操作時の自動ログアウトタイマーを設定する。

environment login-timer { <period> | none }
既定値
300
<period>
自動でログアウトする時間を指定する
設定範囲 単位
1 - 999999
none
自動でログアウトを行わない

environment pager

"show" コマンド実行時のページャを使用するか否か設定する。

environment pager { on | off }
既定値
on
on
使用する
off
使用しない

environment terminal

ターミナル(シリアルコンソール)の画面サイズを設定する。

environment terminal auto-size { on | off }
environment terminal column { <column> | system-default }
environment terminal row { <row> | system-default }
auto-size
画面サイズの自動設定
既定値
off
on
使用する
off
使用しない
column
画面の横幅(桁数)
<column>
横幅(桁数)を指定する
設定範囲
3 - 255
system-default
既定値を使用する
既定値
80
row
画面の縦幅(行数)
<row>
縦幅(行数)を指定する
設定範囲
3 - 255
system-default
既定値を使用する
既定値
24

Note

"auto-size on" が設定されている場合は、colum及びrowの設定値は無視されます。

SEILにTELNET接続やSSH接続を行った際は、本コマンドによる設定は無視され、 それぞれTELNET、SSHプロトコルによって画面サイズが設定されます。