nat6

NAT6を設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
設定上限
機種 上限
SEIL/B1 8
SEIL/X1 8
SEIL/X2 8
SEIL/x86 Fuji 8
SEIL/BPV4 8

nat6 add

NAT6の設定を追加する。

nat6 add <name> type { ngn | transparent }
  internal <prefix/prefixlen>
  external <prefix/prefixlen>
  interface <interface>
  [ndproxy { on | off | system-default }]
<name>
追加するエントリの設定名
設定範囲 文字種 予約語
1 - 16文字 [ a-zA-Z0-9 _ ] all
type
NAT6の種類
ngn
NTT NGNで使用される方式
transparent
SEILシリーズ独自方式
internal
変換元(ローカル側)のプレフィックス
<prefix/prefixlen>
プレフィックスを指定する(プレフィックス長は/64を入力してください)
external
変換先(グローバル側)のプレフィックス
<prefix/prefixlen>
プレフィックスを指定する(プレフィックス長は/64を入力してください)
interface
適用するインタフェース
<interface>
l2tpX, pppacX, discard を除く任意のインタフェース
ndproxy
nd(Neighbor Discovery)の代理応答(proxy)
on
代理応答する
off
代理応答しない
system-default
既定値を使用する
既定値
off

Note

FTPのようにパケットのペイロード部でIPv6アドレスを直接受け渡すプロトコルを使用する場合は "type transparent" を使用してください。

internal及びexternalの<prefix/prefixlen>にマルチキャストアドレス(ff00::/8)及びリンクローカルアドレス(fe80::/10)は指定できません。 また、同じインタフェースを指定する既存の設定と重複するネットワークは指定できません。

nat6 delete

NAT6の設定を削除する。

nat6 delete { <name> | all }
nat6 delete
NAT6の設定を削除する
<name>
削除するエントリの設定名
all
すべてのエントリ

nat6 modify

NAT6の設定を変更する。

nat6 modify <name>
  [internal <prefix/prefixlen>]
  [external <prefix/prefixlen>]
  [interface <interface>]
  [ndproxy { on | off | system-default }]
<name>
変更するエントリの設定名
  • パラメータの詳細はnat6 addを参照