resolver

リゾルバを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

Note

pingやtracerouteコマンドのパラメータとしてURLやホスト名を使用する場合、SEIL自身がDNSを利用して名前解決を行うためにリゾルバ機能の設定が必要です。

resolver enable/disable

リゾルバを有効化または無効化する。

resolver { enable | disable }
既定値
disable
enable
有効にする
disable
無効にする

Note

"resolver disable" を設定している状態でも、ホスト名データベースによるホスト名解決は行われます。

resolver address add

ホスト名解決に使用するDNSサーバの設定を追加する。

resolver address add { <IPaddress> | ipcp | ipcp-auto | dhcp | dhcp6 }
設定上限
機種 上限
SEIL/B1 3
SEIL/X1 3
SEIL/X2 3
SEIL/x86 Fuji 3
SEIL/BPV4 3
<IPaddress>
任意のDNSサーバのIPアドレス
  • IPv6アドレスを指定する場合には、そのDNSサーバがIPv6トランスポートに対応している必要があります
ipcp
pppoe0インタフェースのPPP接続時にIPCPで取得したDNSサーバのIPアドレス
  • pppコマンドで"ipcp-dns on"が指定されている必要があります。また、pppoe0インタフェース以外のPPP接続で取得したDNSサーバは対象外となります
ipcp-auto
PPP接続時にIPCPで取得したDNSサーバのIPアドレスを自動で選択
  • ipcp-dnsがonと設定されており、かつIPCPでDNSサーバオプションを合意したPPP及びPPPoEインタフェースのPPP接続で取得したDNSサーバが選択の対象になります
dhcp
DHCPクライアント機能で取得したDNSサーバ
  • interfaceコマンドで"add dhcp"が指定されている必要があります
dhcp6
DHCPv6クライアント機能で取得したDNSサーバ
  • dhcp6コマンドで"dhcp6 client"が有効とされている必要があります

Note

ipcp, ipcp-auto, dhcp, dhcp6は、いずれか一つのみ設定できます。

resolver address delete

ホスト名解決に使用するDNSサーバの設定を削除する。

resolver address delete { <IPaddress> | ipcp | ipcp-auto | dhcp | dhcp6 | all }
<IPaddress>
削除するDNSサーバのIPアドレス
ipcp
pppoe0インタフェースのPPP接続時にIPCPで取得したDNSサーバのIPアドレス
ipcp-auto
PPP接続時にIPCPで取得したDNSサーバのIPアドレスの自動選択
dhcp
DHCPクライアント機能で取得したDNSサーバ
dhcp6
DHCPクライアント機能で取得したDNSサーバ
all
設定されているすべてのDNSサーバ

resolver domain

DNSへの問い合わせに使用するデフォルトドメインを設定する。

resolver domain <domainname>
既定値
無指定
<domainname>
ドメイン名
設定範囲 文字種 備考
1 - 32文字 [ a-zA-Z0-9 . - ] 空文字列("")指定可

resolver host-database add

リゾルバのホストデータベースにホスト情報を追加する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 64
SEIL/X1 64
SEIL/X2 64
SEIL/x86 Fuji 64
SEIL/BPV4 64
resolver host-database add <hostname> address <IPaddress>[,<IPaddress>]...
<hostname>
追加するホストのホスト名
設定範囲 文字種 予約語
1 - 80文字 [ a-zA-Z0-9 . - _ ] "all", "localhost", "localhost."
address
ホストのIPアドレス
<IPaddress>
IPアドレスを指定
  • カンマ区切りで複数(8個まで)設定可能

既定値

ホストデータベースには、あらかじめ次の内容が登録されています。
resolver host-database add localhost address 127.0.0.1,::1
resolver host-database add localhost. address 127.0.0.1,::1

Note

  • resolver disable と設定している場合も、ホスト名データベースによるホスト名解決は行われます。

resolver host-database delete

リゾルバのホストデータベースからホスト情報を削除する。

resolver host-database delete { <hostname> | all }
<hostname>
削除するホスト情報のホスト名
<all>
すべてのホスト情報を削除する

resolver host-database modify

リゾルバのホストデータベースのホストを変更する。

resolver host-database modify <hostname> address <IPaddress>[,<IPaddress>]...
<name>
変更するホスト情報のホスト名

resolver order

ホスト名の解決手段の優先順を設定する。

resolver order { dns-hosts | hosts-dns | system-default }
dns-hosts
DNSサーバを優先して利用する
hosts-dns
ホスト名データベースを優先して利用する
system-default
既定値を使用する
既定値
hosts-dns