SMFv2サービスアダプタとして利用するには

SEILシリーズをSMFv2サービスアダプタとして利用するために必要な準備についての概要です。ご利用になるSMFv2サービスの導入ガイドと併せてお読みください。

動作モードの設定

SEILシリーズをSMFv2サービスアダプタとして利用するには、動作モードをSMFv2モードに設定する必要があります。動作モードの設定方法は機種ごとに異なります。

SEIL/X1, X2
動作モードは装置前面のDIPスイッチで設定します。
  • スイッチ2,3,4をONに、他をOFFにします。
SEIL/B1
動作モードは装置前面のロータリースイッチで設定します。
  • スイッチ4番に設定します。
SEIL/x86 Fuji
動作モードはコマンドインタフェースからのコマンド入力で設定します。
  • "set boot mode smfv2" を入力します。setコマンドはシステム領域の設定を変更するため、コンフィグを初期化してもモード設定は初期化されません。
SEIL/BPV4
動作モードは出荷時点で設定されており変更はできません。

Distribution-IDの登録

SMFv2サービスでサービスアダプタを管理するには、サービスアダプタ固有のDistribution IDをサービスへ登録する必要があります。

登録手順はサービスのマニュアルを参照ください。機種ごとのDistribution ID確認方法は次の通りです。

SEIL/X1, X2, B1, BPV4
Distribution IDは機器の銘板ラベルおよび個装箱に記載されています。
SEIL/x86 Fuji
Distribution IDは起動キーの通知メールに記載されています。またはキーのインストール後に"show key"コマンドで参照できます。

コンフィグの設定

SEILシリーズはSMFv2に対応する2つのモジュールを使用できます。

モジュール0
ルータモード(非SMFモード)と同等の機能を持ち、設定コマンドがすべて使用できます。
モジュール1
ファームウェア更新の機能のみを持つ特殊なモジュールです。独自の書式で設定します。
注: モジュール(ファームウェア)の更新は起動時にのみ実行されます。モジュールのバージョン変更を含むコンフィグ反映時に「即時反映」を使用した場合、コンフィグの変更のみ反映され、モジュールは更新されません(次回起動時に更新されます)。

インターネット回線への接続

SMFv2サービスのユーザインタフェース上でコンフィグを設定した後にSMFv2サービスが対応するインターネット回線に接続すると、サービスアダプタはインターネット上に設置されたサービスホストと自動的に通信してコンフィグを取得し、ユーザインタフェースから制御可能な状態になります。
SMFv2サービスが対応するインターネット回線
NTTフレッツなどのPPPoEを使用する回線および、DHCPやルータ広告によりIPアドレスを取得可能な回線で利用できます。詳細は利用するSMFv2サービスの情報を参照ください。
IPアドレスを自動取得できないイーサネット回線の場合
使用する回線がイーサネット接続であり、かつ、DHCPやルータ広告によるIPアドレスの配布を提供していない回線を利用する場合は、割り当てられたIPアドレスとゲートウェイアドレスを"set smfv2 network" コマンドにより設定しておくことで起動時のコンフィグ取得が可能になります。