bridge (ブリッジモード)

ブリッジモードのブリッジを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

Note

ブリッジを使用し、経路制御を必要としない場合は、RIP、RIPng、OSPF、ルータ広告等の機能を使用しないで下さい。
注: ブリッジグループ(bridge group)を設定すると、ブリッジモードの設定(bridge { enable | disable | ip-bridging | ipv6-bridging | pppoe-bridging | default-bridging })は削除されます。

bridge enable

ブリッジを有効化する。

bridge enable

bridge disable

ブリッジを無効化する。

bridge disable

bridge ip-bridging

IPv4パケット(ARPを含む)のブリッジ転送について設定する。

bridge ip-bridging { on | off }
既定値
on
on
ブリッジ転送する
off
ブリッジ転送しない
  • IPv4パケットは経路制御により転送する

Note

onを設定する場合、lan1インタフェースにIPv4アドレスを設定しないでください。

bridge ipv6-bridging

IPv6パケットのブリッジ転送について設定する。

bridge ipv6-bridging { on | off }
既定値
on
on
ブリッジ転送する
off
ブリッジ転送しない
  • IPv6パケットは経路制御により転送する

bridge pppoe-bridging

PPPoEパケットのブリッジ転送について設定する。

bridge pppoe-bridging { on | off }
既定値
on
on
ブリッジ転送する
  • PPPoEパケットをパススルーする
off
ブリッジ転送しない

bridge default-bridging

IPv4,IPv6,PPPoE以外のパケットのブリッジ転送について設定する。

bridge default-bridging { on | off }
既定値
on
on
ブリッジ転送する
off
ブリッジ転送しない

bridge filter

ブリッジ対象インタフェースにおけるIPv4/Pv6パケットフィルタの適用について設定する。

bridge filter { on | off }
既定値
off
on
適用する
off
適用しない

Note

onを指定した場合、filter/filter6コマンドで設定されたフィルタルールによりパケットがフィルタリングされます。
注: 'bridge filter off' が設定されている場合であっても、SEILが送信先に含まれるマルチキャストパケットやブロードキャストパケットはIPパケットフィルタが適用されます。

bridge vman-tpid

ブリッジ転送するイーサネットフレームのVMAN TPIDを設定する。

bridge vman-tpid { none | <vman_tpid> }
既定値
none
<vman_tpid>
VMAN TPIDの値
設定範囲
0x0001-0xffff
none
VMAN TPIDを設定しない

Note

設定されたVMAN (Virtual Metropolitan Area Network) TPID (Tag Protocol Identifier)に一致するイーサネットフレームタイプのフレームはVLANと同様のtagヘッダを持つと見なされます。

抽出されたVLAN ID及びVLAN Priorityは帯域制御/優先制御のクラス分けフィルタに適用できます。