interface <l2tp> (フロートリンクを使用する)

フロートリンクを利用してL2TPv3インタフェースを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
設定上限
機種 上限 設定値
SEIL/B1 64 l2tp0 - l2tp63
SEIL/X1 256 l2tp0 - l2tp255
SEIL/X2 512 l2tp0 - l2tp511
SEIL/x86 Fuji 512 l2tp0 - l2tp511
SEIL/BPV4 512 l2tp0 - l2tp511

Note

"floatlink preshared-key" に事前共有鍵を設定すると、IPsec/IKEによる暗号化を適用します。IPsec/IKEのセキュリティアソシエーションに使用する暗号アルゴリズムなどのパラメータは既定値を使用します。

フロートリンクのネームサーバを設定するために、interfaceコマンドのほかにfloatlinkコマンドを設定する必要があります。

interface <l2tp> l2tp

インタフェースのL2TPトンネルのパラメータを設定する。

interface <l2tp> l2tp {
   manual local-id <local_id> remote-id <remote_id>
    [local-cookie <local_cookie> remote-cookie <remote_cookie>]
  | <l2tp_name> remote-end-id <remote_end_id>
  | none }
manual
パラメータを手動で設定する
local-id
Local Session ID を設定する
<local_id>
IDの値
設定範囲
1 - 4294967295
remote-id
Remote Session ID を設定する
<remote_id>
IDの値
設定範囲
1 - 4294967295
local-cookie
Local Cookie を設定する
<local_cookie>
Cookieの値
設定範囲
1 - 4294967295
remote-cookie
Remote Cookie を設定する
<remote_cookie>
Cookieの値
設定範囲
1 - 4294967295
<l2tp_name>
パラメータを自動設定するためのL2TPv3トンネル設定名
  • "l2tp"コマンドで設定したトンネル設定名を指定します。
remote-end-id
Remote End ID を設定する。
  • セッションの識別に用います。
<remote_end_id>
IDの値
設定範囲 備考
1 - 16文字 [ ? ¥ ]を除く
none
パラメータの設定を解除する

interface <l2tp> tcp-mss

IPv4 TCP MSS調整を設定する。

interface <l2tp> tcp-mss { <size> | off | auto }
<size>
MSS値
設定範囲 単位
32 - 32767 Byte
off
調整しない
auto
MTU値を元に自動調整する

interface <l2tp> tcp-mss6

IPv6 TCP MSS調整を設定する。

interface <l2tp> tcp-mss6 { <size> | off | auto }
<size>
MSS値
設定範囲 単位
32 - 32767 Byte
off
調整しない
auto
MTU値を元に自動調整する

interface <l2tp> description

インタフェースの説明文を設定する。

interface <l2tp> description <description>
<description>
説明文
設定範囲 備考
1 - 64文字 空文字列("")指定可
  • 空白文字を含む場合は全体を ' ' (シングルクォーテーション)で囲みます。

Note

  • 説明文は動作に影響しません。