show status floatlink

フロートリンクのステータスを参照するオペレーションコマンド

実行権限
admin, user
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

show status floatlink

フロートリンクを使用するインタフェースの詳細なステータスを参照する

コマンドの書式

show status floatlink [interface <interface>]
interface
インタフェースを指定して表示を絞り込む
<interface>
ステータスを参照するインタフェース名

実行例:フロートリンク関連が設定されていない場合

# show status floatlink

実行例:フロートリンクのネームサーバからの情報取得が完了していない場合

# show status floatlink
Interface ipsec0
        IPv6 Forwarding: off
        Family: inet
        Floatlink-key: group1
        Floatlink Source: tss90022456 => (not resolved)
        Floatlink Destination: tss90022463 => (not resolved) *Dynamic
        Tunnel is not configured
Filter ipsec0:
        Family: inet
        Local Address: tss90022456 => (not resolved)
        Remote Address: tss90022463 => (not resolved) *Dynamic
        Interface: ppp0
        Protocl: any
Route tss90022463:
        Destination Host: tss90022463 => (not resolved) *Dynamic
        Gateway: ppp0
  • "floatlink route"コマンドが設定されていない場合はRouteセクションは表示されません

実行例:フロートリンクのネームサーバからの情報取得が完了している場合

# show status floatlink
Interface ipsec0
        IPv6 Forwarding: off
        Family: inet
        Floatlink-key: group1
        Floatlink Source: tss90022456 => 133.236.161.89
        Floatlink Destination: tss90022463 => 203.180.102.29
        Tunnel: 133.236.161.89 => 203.180.102.29
Filter ipsec0:
        Family: inet
        Local Address: tss90022456 => 133.236.161.89
        Remote Address: tss90022463 => 203.180.102.29
        Interface: ppp0
        Protocl: any
Route tss90022463:
        Destination Host: tss90022463 => 203.180.102.29
        Gateway: ppp0

実行例:NATによるアドレス書き換えの検知が有効化されており、書き換えを検知した場合

# show status floatlink
Interface ipsec0
        IPv6 Forwarding: off
        Family: inet
        Floatlink-key: group1
        Floatlink Source: tss90022456 => 133.236.161.89
        Floatlink Destination: tss90022463 => 192.168.0.1 *BeforeNAT
        Tunnel: 133.236.161.89[4501] => 203.180.102.29[4501] NAT-T
Filter ipsec0:
        Family: inet
        Local Address: tss90022456 => 133.236.161.89
        Remote Address: tss90022463 => 192.168.0.1
        Interface: ppp0
        Protocl: any
Route tss90022463:
        Destination Host: tss90022463 => 192.168.0.1
        Gateway: ppp0

説明

Table 1. Interface セクション
項目 項目の意味
Interface <interface> フロートリンクでVPNを構成するインタフェース名
IPv6 Forwarding: IPv6パケットの転送可否
Family: IPsec/IKEセッションに使用中のアドレスファミリ
inet
IPv4
inet6
IPv6
Floatlink-key: フロートリンクのグループキー
Floatlink Source: フロートリンクのネームサーバから取得した、自分側のノードIDとIPアドレス
*Dynamic
アドレス書き換えの検知が有効化されているが、書き換えを検知していない
*BeforeNAT
アドレスの書き換えを検知した
Floatlink Destination: フロートリンクのネームサーバから取得した、相手側のノードIDとIPアドレス
*Dynamic
アドレス書き換えの検知が有効化されているが、書き換えを検知していない
*BeforeNAT
アドレスの書き換えを検知した
Tunnel: IPsecインタフェースの始点アドレスと終点アドレス
NAT-T
IPsecインタフェースでアドレスの書き換えを検知し、NAT Traversalを使用している
Table 2. Filter セクション
項目 項目の意味
Filter <interface> フィルタ自動設定により通信をパスするインタフェース(VPNセッション)
Family: パスフィルタを設定するアドレスファミリ
inet
IPv4
inet6
IPv6
Local Address: 通信をパスする、自分側のノードIDとIPアドレス
Remote Address: 通信をパスする、相手側のノードIDとIPアドレス
Interfacel: パスフィルタを設定するインタフェース
Protocol: 通信をパスするプロトコル
Table 3. Route セクション
項目 項目の意味
Route: 個別に静的経路が設定されたノードID
Destination Host: 静的経路を設定したノードIDとIPアドレス
Gateway: 経路のゲートウェイ(インタフェース名またはIPアドレス)

show status floatlink interface

フロートリンクを使用するインタフェースのサマリーを参照するオペレーションコマンド

実行権限
admin, user
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

コマンドの書式

show status floatlink interface

実行例:

# show status floatlink interface 
Interface:   Floatlink      IKE            Tunnel      
   ipsec0:  [ RESOLVED   ] [ ESTABLISHED] [ STATELESS  ]
   tunnel0: [ RESOLVED   ] [ NOT USED   ] [ STATELESS  ]
   l2tp0:   [ RESOLVED   ] [ ESTABLISHED] [ ESTABLISHED  ]

Summary of interface status:
IPsec Interface:    1/  1 established.
Tunnel Interface:   1/  1 established.
L2TPv3 Interface:   1/  1 established.

説明

Table 4. Interface セクション
項目 項目の意味
Floatlink: インタフェースごとのフロートリンクのアドレス解決状況
RESOLVED
始点および終点のアドレス解決が完了
*UPDATING
始点および終点のアドレス解決を試行中
!DOWN
始点および終点のアドレス解決に失敗
IKE: インタフェースごとのIPsec/IKE使用状況
ESTABLISHED
対応するIPsec SAが存在する
NOT USED
当該インタフェースはIPsec/IKEを使用しない
!DOWN
IPsec SAが存在しない
Tunnel: トンネルインタフェースの折衝状況
ESTABLISHED
折衝が完了
STATELESS
当該インタフェースはインタフェースの折衝を行わない
!DOWN
折衝が完了していない
Table 5. Summary of interface status セクション
項目 項目の意味
IPsec Interface: IPsec インタフェースの確立状況
  • アドレスが解決されIPsec SAの折衝が完了済みのインタフェース数と、設定数の比を表示します。
  • IPsec SAの存在を確認しますが、パケットの到達性は確認しません。
Tunnel Interface: Tunnelインタフェースの確立状況
  • アドレスが解決されたインタフェース数と、設定数の比を表示します。
  • パケットの到達性は確認しません。
L2TPv3 Interface: L2TPv3インタフェースの確立状況
  • アドレスが解決され、IPsec SAおよびL2TPv3の折衝が完了済みのインタフェース数と、設定数の比を表示します。
  • L2TPv3のステートを確認しますが、パケットの到達性は確認しません。

show status floatlink summary

フロートリンクのステータスのサマリーを参照するオペレーションコマンド

実行権限
admin, user
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

コマンドの書式

show status floatlink summary

実行例:

# show status floatlink summary 
Summary of interface status:
IPsec Interface:    8/ 32 established.
Tunnel Interface:   0/  1 established.
L2TPv3 Interface:   0/  1 established.
  • フロートリンクを使用するインタフェースの確立数を表示します。

説明

Table 6. Summary of interface status セクション
項目 項目の意味
IPsec Interface: IPsec インタフェースの確立状況
  • アドレスが解決されIPsec SAの折衝が完了済みのインタフェース数と、設定数の比を表示します。
  • IPsec SAの存在を確認しますが、パケットの到達性は確認しません。
Tunnel Interface: Tunnelインタフェースの確立状況
  • アドレスが解決されたインタフェース数と、設定数の比を表示します。
  • パケットの到達性は確認しません。
L2TPv3 Interface: L2TPv3インタフェースの確立状況
  • アドレスが解決され、IPsec SAおよびL2TPv3の折衝が完了済みのインタフェース数と、設定数の比を表示します。
  • L2TPv3のステートを確認しますが、パケットの到達性は確認しません。