monitor

モニタを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

monitor enable/disable

モニタを有効化または無効化する。

monitor { enable | disable }
既定値
disable
enable
有効にする
disable
無効にする

monitor source add

監視項目の設定を追加する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 256
SEIL/X1 256
SEIL/X2 256
SEIL/x86 Fuji 256
SEIL/BPV4 256
LANインタフェースの監視
monitor source add <name> type physical-interface-link
 [interface { <lan_interface_name>,... | all | system-default }]
 [watch-interval { <interval> | system-default }]
 [event { enable | disable | system-default }]
 [trigger { <trigger>,... | all | system-default }]

PPP/PPPoE接続の監視
monitor source add <name> type ppp-connection
 [interface { <ppp_interface_name>,.... | all | system-default }]
 [watch-interval { <interval> | system-default }]
 [event { enable | disable | system-default }]
 [trigger { <trigger>,... | all | system-default }]

USBポートの監視
monitor source add <name> type usb-port
 [watch-interval { <interval> | system-default }]
 [event { enable | disable | system-default }]
 [trigger { <trigger>,... | all | system-default }]

システム起動の監視
monitor source add <name> type boot-information
 [event { enable | disable | system-default }] 
 [trigger { <trigger>,... | all | system-default }]

ping応答の監視
monitor source add <name> type ping
 target-host <host_address>
 [source-address <source_address>]
 [description <target_descr>]
 [down-count <down_count>] 
 [watch-interval <interval>]
 [event { enable | disable | system-default }] 
 [trigger { <trigger>,... | all | system-default }]
<name>
追加するエントリの設定名
設定範囲 文字種 予約語
1 - 32文字 [ a-zA-Z . _ - ] all
type
physical-interface-link
LANインタフェースを監視する
ppp-connection
PPP/PPPoE接続を監視する
usb-port
USBポートを監視する
boot-information
システム起動を監視する
注: SEIL/x86 FujiおよびSEIL/BPV4では動作しません
ping
ICMP ECHO REPLY または ICMPv6 ECHO REPLY を監視する
interface
type physical-interface-link の場合
<lan_interface_name>
監視するLANインタフェース名
type ppp-connectionn の場合
<ppp_interface_name>
監視するPPP/PPPoEインタフェース名
all
指定できるすべてのインタフェースの監視を行う
system-default
システム既定値を使用する
type 規定値
共通 all
target-host
<target_address>
監視対象IPアドレス(IPv4/IPv6)
source-address
<source_address>
送信元IPアドレス(IPv4/IPv6)
description
<target_descr>
監視対象ホストの説明文
down-count
<down_count>
監視対象をdownと判定するまでの試行回数(1-10), 単位: 回
watch-interval (type ping)
既定値
15
<interval>
監視間隔を指定する
設定範囲 単位
5 - 3600
watch-interval (ping 以外のtype )
<interval>
監視間隔を指定する
設定範囲 単位
1 - 3600
system-default
システム既定値を使用する
type 規定値
共通 1
event

イベント監視

enable
有効にする
disable
無効にする
system-default
システム既定値を使用する
type 規定値
共通 enable
trigger
<trigger>
監視するイベントを設定する
all
監視できるすべてのイベントを設定する
system-default
システム既定値を使用する
type 規定値
physical-interface-link all
ppp-connection all
usb-port all
type boot-information power-on-boot,watchdog-reboot
ping up,down

各タイプ共通の説明

設定できるパラメータはtypeによって異なります。

<trigger> は、カンマ区切りで複数個を指定できます。

LANインタフェースの監視(type physical-interface-link)

<lan_interface_name> には、監視対象のLANインタフェース名(lan0,lan1,...)をカンマ区切りで複数指定できます。

また、allを指定した時には、すべてのLANインタフェースの監視を行います。

<trigger> には下記の値を指定できます。

linkup
リンクアップ
linkdown
リンクダウン

※ただし、再起動に伴うリンクアップ/リンクダウンの監視は行いません。

PPP接続の監視(type ppp-connection)

<ppp_interface_name> には、監視対象のPPPインタフェース(ppp0,ppp1,...)とPPPoE インタフェース(pppoe0,pppoe1,...)をカンマ区切りで複数指定できます。

<trigger> には下記の値を指定できます。

connect
接続
disconnect
切断

USBポートの監視(type usb-port)

<trigger> には下記の値を指定できます。

plug
USB デバイスの取り付け(取り付けたままの起動時には検知しません)
unplug
USB デバイスの取り外し

※ ただし、本機動作中にデータ通信カードは取り外さないでください。 データ通信カードが取り外された場合、システムは異常な状態となります。 モニタ機能は、「USB デバイスの取り外し」を通知を行なうよう動作しますが、 システムの状態により通知されない場合があります。

※ reset dialup-deviceコマンドを使用するとplug,unplugが検出される場合があります。

システム起動の監視(type boot-information)

注: SEIL/x86では動作しません
<trigger> には下記の値を指定できます。
power-on-boot
電源投入による起動
soft-reboot
コマンドによる再起動
watchdog-reboot
動作異常による再起動

ICMP ECHO REPLY または ICMPv6 ECHO REPLYの監視(type ping)

<trigger> には下記の値を指定できます。

up
down状態だった監視対象から応答を得られた
down
監視対象から down-count に指定した回数連続して応答を得られなかった

monitor source delete

監視項目の設定を削除する。

monitor source delete { <name> | all }
monitor source delete
監視項目を削除する
<name>
削除するエントリの設定名
all
すべてのエントリ

Note

  • 監視グループに追加されている監視項目は削除できません。

monitor source-group-name add

監視グループの設定を追加する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 2
SEIL/X1 2
SEIL/X2 2
SEIL/x86 Fuji 2
SEIL/BPV4 2
monitor source-group-name add <name>
<name>
追加するエントリの設定名
設定範囲 文字種 予約語
1 - 32文字 [ a-zA-Z0-9 . _ - ] all

monitor source-group-name delete

監視グループの設定を削除する。

monitor source-group-name delete { <name> | all }
<name>
削除するエントリの設定名
all
すべてのエントリ

Note

  • 削除するグループが送信先と結び付いている場合には削除できません。

monitor source-group source add

監視グループに監視項目を追加する。

monitor source-group <source_group_name> source add <name>
source-group
<source_group_name>
監視グループ名
source add
監視項目を追加する
設定上限
256エントリ
<name>
追加する監視項目名

Note

  • 追加する監視項目名に "all" は使用できません。

monitor source-group source delete

監視グループから監視項目を削除する。

monitor source-group <source_group_name> source delete { <name> | all }
source-group
<source_group_name>
監視グループ名
source delete
監視項目を削除する
<name>
削除する監視項目名
all
すべての監視項目を削除する

monitor notification-server-group-name add

通知先グループの設定を追加する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 2
SEIL/X1 2
SEIL/X2 2
SEIL/x86 Fuji 2
SEIL/BPV4 2
monitor notification-server-group-name add <name>
<name>
追加する通知先グループ名
設定範囲 文字種 予約語
1 - 32文字 [ a-zA-Z . _ - ] all, none

monitor notification-server-group-name delete

通知先グループの設定を削除する。

monitor notification-server-group-name delete { <notification_server_group_name> | all }
<name>
削除する通知先グループ名
all
すべての通知先グループを削除

Note

  • 削除する通知先グループに含まれている通知先サーバの設定も削除されます。
  • 削除する通知先グループが監視項目と結び付いている場合には削除できません。

monitor notification-server-group server add

通知先グループに通知先サーバの設定を追加する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 4
SEIL/X1 4
SEIL/X2 4
SEIL/x86 Fuji 4
SEIL/BPV4 4
  • 通知先グループごとに4カ所まで通知先サーバの設定を追加できます。
(protocol snmp-trap-v1 又は protocol snmp-trap-v2c の場合)
monitor notification-server-group <notification_server_group_name>
 server add <notification_server_name>
  protocol { snmp-trap-v1 | snmp-trap-v2c } community <community_name>
   destination-address <destination_address>
    [port { <port> | system-default }]
    [source-address { auto | <address> | system-default }]
    [send-count { <count> | system-default }]
    [send-interval { <interval> | system-default }]

(protocol snmp-trap-v3 の場合)
monitor notification-server-group <notification_server_group_name>
 server add <notification_server_name>
  protocol snmp-trap-v3 user-name <user_name>
   destination-address <destination_address>
    [engine-id { auto | <engineid> | system-default }]
    [security { none | auth | authpriv | system-default }]
    [authentication-method { hmac-md5-96 | hmac-sha-96 | system-default }]
    [authentication-password <authentication_password>]
    [privacy-algorithm { cbc-des | cfb128-aes-128 | system-default }]
    [privacy-password <privacy_password>]
    [port { <port> | system-default }]
    [source-address { auto | <address> | system-default }]
    [send-count { <count> | system-default }]
    [send-interval { <interval> | system-default }]
<notification_server_group_name>
通知先グループ名
<notification_server_name>
追加する通知先サーバ名
設定範囲 文字種 予約語
1 - 32文字 [ a-zA-Z0-9 . _ - ] all
<destination_address>
通知先のIPアドレス
community
<community_name>
SNMPコミュニティ名
設定範囲 文字種
1 - 8文字 [ a-zA-Z . _ - ]
user-name
<user_name>
SNMPユーザ名
設定範囲 文字種
1 - 31文字 [ a-zA-Z . _ - ]
engine-id
<engineid>
SNMPエンジンID
設定範囲 文字種
1 - 27文字 [ a-zA-Z . _ - ]
auto
SNMPエンジンIDを自動的に決定する
system-default
既定値を使用する
既定値
auto
security
none
認証・暗号化ともに行わない
auth
認証のみ行う
authpriv
認証と暗号化を行う
system-default
既定値を使用する
既定値
none
authentication-method
hmac-md5-96, hmac-sha-96
認証方式
system-default
既定値を使用する
既定値
hmac-sha-96
authentication-password
認証用パスワードの指定
既定値
""
  • security auth, authpriv 設定時には入力が必須です
<authentication_password>
パスワードの文字列を指定する
設定範囲 備考
8 - 255文字 [ ' " ? ¥]及び空白を除く
privacy-algorithm
cbc-des, cfb128-aes-128
暗号方式
system-default
既定値を使用する
既定値
cfb128-aes-128
privacy-password
暗号用パスワードの指定
既定値
""
  • security auth, authpriv 設定時には入力が必須です
<privacy_password>
パスワード文字列を指定する
設定範囲 備考
8 - 255文字 [ ' " ? ¥]及び空白を除く
port
<port>
通知先ポート番号
設定範囲
1 - 65535
system-default
既定値を使用する
既定値
162
source-address
<address>
送信元のIPアドレス
auto
送信元のIPアドレスを自動的に決定する
system-default
既定値を使用する
既定値
auto
send-count
<count>
送信回数
設定範囲 単位
1 - 5
system-default
既定値を使用する
既定値
1
send-interval
<interval>
再送信間隔
設定範囲 単位
5 - 600
system-default
既定値を使用する
既定値
5

Note

  • MIBファイルが必要な場合は、販売窓口までお問い合わせください。

monitor notification-server-group server delete

通知先グループから通知先サーバの設定を削除する。

monitor notification-server-group <notification_server_group_name> 
  server delete { <server_name> | all }
<notification_server_group_name>
通知先グループ名
<notification_server_name>
削除する通知先サーバ
all
通知先グループのすべての通知先サーバを削除

monitor binding add

監視グループと通知先グループとの結び付けの設定を追加する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 2
SEIL/X1 2
SEIL/X2 2
SEIL/x86 Fuji 2
SEIL/BPV4 2
monitor binding add <binding_name>
  source-group <source_group_name>
  [notification-server-group { <notification_server_group_name> | none }]
<binding_name>
結び付け設定名
<source_group_name>
結び付け対象の監視グループ名
notification-server-group-name
<notification_server_group_name>
結び付けする通知先グループ名
none
結び付けの設定をしない

Note

  • 結び付け設定名に "all" は利用できません。
  • 監視グループと通知先グループとの結び付けがされていない場合、モニタ機能は動作しません。

monitor binding delete

監視項目グループと通知先グループとの結び付けの設定を削除する。

monitor binding delete { <binding_name> | all }
<binding_name>
削除する結び付け設定名
all
すべての結び付け設定を削除する

monitor binding modify

監視項目グループと通知先グループとの結び付けの設定を変更する。

monitor binding modify <binding_name>
 [source-group <source_group_name>]
 [notification-servergroup-name { <notification_server_group_name> | none }]
<name>
変更するエントリの設定名