route

IPv4静的経路を設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

route add

IPv4静的経路の設定を追加する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 512
SEIL/X1 1024
SEIL/X2 2048
SEIL/x86 Fuji 2048
SEIL/BPV4 2048
route add { <IPv4address>[/<prefixlen>] | default }
  { <gateway_IPv4address> | <interface> | dhcp | discard }
  [distance { <distance> | system-default }]
  [metric { <metric> | system-default }]
  [keepalive { on | off }
    [target { <IPv4address> | none }]
    [send-interval { <interval> | system-default }]
    [timeout { <timeout> | system-default }]
    [down-count { <count> | system-default }]
    [up-count { <count> | system-default }]
    [src { <IPv4address> | none }]]
<IPv4address>/<prefixlen>
送信先ネットワークまたはホストのIPv4アドレス
default
デフォルト経路
<gateway_IPv4address>
ゲートウェイのアドレス
<interface>
送信に使用するインタフェース名
dhcp
DHCPで得たデフォルト経路
  • interfaceコマンドでdhcpが設定されている必要があります。また、このinterface設定が解除されると、dhcpをゲートウェイとする設定も解除されます。
discard
discard 経路
  • パケットを転送する代わりに破棄する。
distance
静的経路のdistance値
<distance>
distance値を指定する
設定範囲
1 - 255
system-default
既定値を使用する
既定値
1
metric
RIPで経路を再配布する際のmetric値
  • 静的経路をRIPで再配布する際にのみ、経路のmetric値として使用されます。
<metric>
metric値を指定する
設定範囲
1 - 15
system-default
既定値を使用する
既定値
1
keepalive
static経路自動切替機能を使用するか否か
既定値
off
静的経路設定のうち、keepalive onの指定の上限
機種 上限
SEIL/B1 16
SEIL/X1 512
SEIL/X2 1024
SEIL/x86 Fuji 1024
SEIL/BPV4 1024
on
使用する
off
使用しない
target
監視対象ホストアドレス
既定値
none
<IPv4address>
監視対象とするホストのアドレス
none
監視対象を指定しない
send-interval
監視パケットの送信間隔
  • 監視パケットに対するリプライがタイムアウトした場合、次の監視パケットは設定値によらず5秒後に送信されます。
<interval>
送信間隔を指定する
設定範囲 単位
5 - 120
system-default
既定値を使用する
既定値
30
timeout
監視パケットの応答を待つ時間
<timeout>
時間を指定する
設定範囲 単位
1 - 5
system-default
既定値を使用する
既定値
1
down-count
監視ダウンと判定するエラー回数
<count>
回数を指定する
設定範囲 単位
1 - 10
system-default
既定値を使用する
既定値
3
up-count
監視アップと判定するリプライ受信回数
<count>
回数を指定する
設定範囲 単位
1 - 10
system-default
既定値を使用する
既定値
1
src
監視パケットの送信元アドレス
<IPv4address>
送信元アドレスを指定する
  • インタフェースに付与されていないアドレスを指定した場合は送信インタフェースのアドレスを使用します
none
送信元アドレスを指定しない
  • 送信インタフェースのアドレスを使用します

static経路自動切替

"keepalive on" を設定すると、死活監視によって経路の有効・無効を切り替える、static経路自動切替が有効化されます。

targetを省略した場合は<gateway_IPv4address>もしくは <interface>の対向ルータのアドレスが監視対象となります。

  • ゲートウェイがインタフェースとなる経路に監視を設定する場合は、当該インタフェースにIPアドレスまたはUnnumberedが設定されている必要があります。
  • ゲートウェイがUnnumbered設定されたインタフェースとなる経路に死活監視を設定する場合は、監視パケット送信先(target)は省略できません。
注:
  • Discard経路は監視を設定できません
  • PPP,PPPoEインタフェースはstatic経路自動切替機能によらず、PPP接続状況と経路のUP/DOWNが連動します
  • 複数のエントリで target, send-interval, down-count, up-count, src, timeout の値が全て一致する場合は監視パケットの送信を集約します。

オンデマンド接続

ゲートウェイインタフェースには Point-To-Point インタフェースの他、ondemand-wwan0~ondemand-wwan3 を指定できます。

ondemand-wwan0~ondemand-wwan3を利用した静的経路は、WWANインタフェースを用いたオンデマンド接続の接続開始条件となります。

  • オンデマンド接続で通信したい宛先へのGWとして、dhcpをGWとした経路と共に設定して下さい。
  • 実際の通信は dhcp をGWとした経路で行われるため、dhcp側の経路の distance 値を低く設定する必要があります。

Note

静的経路は、ゲートウェイインタフェースのリンク状態が up の時のみシステムの経路として採用されます。ゲートウェイインタフェースが pppoe の場合は、ipcp または ipv6cp が open 状態の時のみシステムの経路として採用されます。

また、ゲートウェイインタフェースが ondemand-wwan の場合は、WWANインタフェースに設定された高速データ通信端末が当機に接続されている時のみ採用されます。

送信先が同一となる複数の経路を追加すると、MultiPath 経路として登録されます。

route delete

IPv4静的経路の設定を削除する。

route delete <dst_IPv4address/prefixlen>
route delete default
route delete all
<dst_IPv4address/prefixlen>
送信先のネットワーク又はホストのIPv4アドレス
default
経路が設定されていない送信先ネットワーク又はホスト
all
すべての経路設定

Note

MultiPath経路を削除するには、ネクストホップの指定が必要です。

route delete(multipath)

MultiPathとなっているIPv4静的経路の設定を削除する。

route delete <dst_address/prefixlen>
 { <gateway_address> | <interface> | discard }
route delete <dst_address/prefixlen> all
route delete default { <gateway_address> | <interface> | discard }
route delete default all
<dst_address/prefixlen>
送信先のネットワーク又はホストのIPv4アドレス
default
経路が設定されていない送信先ネットワーク又はホスト
<gateway_address>
経由するルータのIPv4アドレス
<interface>
パケットを送信する先のインタフェース
discard
discard 経路
all
すべての送信先

route modify

IPv4静的経路の設定を変更する。

route modify { <IPv4address/prefixlen> | default }
  [<gateway_address> | <interface> | dhcp | discard]
  [distance { <distance> | system-default }]
  [metric { <metric> | system-default }]
  [keepalive { on | off }
    [target { <target> | none }]
    [send-interval { <interval> | system-default }]
    [timeout { <timeout> | system-default }]
    [down-count { <count> | system-default }]
    [up-count { <count> | system-default }]]
  • パラメータの詳細はroute addを参照

Note

MultiPath経路はdistanceとmetricのみ変更できます。