syslog

ログをシステムのメインメモリへ記録する条件および、その条件に準じたログのSyslogサーバへの転送を設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

syslog command-log

コマンドラインインタフェースで入力されたコマンドをログに記録するか否かを設定する。

syslog command-log { on | off }
既定値
off
on
記録する
off
記録しない

Note

“on”のとき、コマンドは実行完了時に録されます。

入力エラーとなったコマンドは記録されません。

実行したコマンドにパスワード文字列が含まれる場合、"syslog clear-password off"コマンドの設定により、 パスワード文字列が変換(隠蔽)された状態で記録されます(既定値)。

syslog clear-password

コマンドラインの入力内容をログに記録する場合、パスワードを表す文字列を露出するか否かを設定する。

syslog clear-password { on | off }
既定値
off
on
露出する
off
遮蔽する

Note

on の場合、パスワードを表す文字列はそのまま記録されます。 off の場合、パスワードを表す文字列は "******" に変換して記録されます。

注: ログはuser権限でも参照可能であるため、実行したコマンドにPPPアカウント設定などの認証情報や、 URI文字列に含まれるユーザ名とパスワードなどの本来管理者権限のみで参照可能なパラメータがuser権限で 参照される場合があることにご注意ください。

syslog debug-level

デバッグレベルのログを記録するか否かを設定する。

syslog debug-level { on | off }
既定値
off
on
記録する
off
記録しない

syslog memory-block

ログ記憶領域の機能ごとの割り当てを設定する。

syslog memory-block <function> { <blocks> | system-default }
<function>

対象の機能名

指定可能な値
application-gateway, dhcp, ether, filter, hdlc, http, ike, ip, isdn, l2tp, nat, ntp, ppp, pppac, queue, route, smf, snmp, system, telnet
<blocks>
割り当てるブロック数
機種 設定範囲
SEIL/B1 1 - 45
SEIL/X1 1 - 47
SEIL/X2 1 - 47
SEIL/x86 Fuji 1 - 47
SEIL/x86 Fuji 1 - 47
system-default
既定値を使用する
既定値
1

ログの記憶容量の割当

メインメモリ上のログの記憶領域は「ブロック」と呼ぶ単位に分割されています。ブロックは64個用意されており、1ブロックあたりの保存行数は機種により異なります。また、ログ1行ごとに行頭から256文字まで保存します。
機種 1ブロックあたりの保存行数
SEIL/X1 128行
SEIL/X2 128行
SEIL/B1 128行
SEIL/x86 Fuji 2000行
SEIL/BPV4 2000行
ログの発生源となる機能ごとに最低1ブロック割り当てられていますが(システム予約)、残りのブロックは設定により任意の機能に割り当てることができます。
機種 初期状態で未割り当てのブロック数 初期状態で割り当て済みのブロック数
SEIL/X1 46 18
SEIL/X2 46 18
SEIL/B1 44 20
SEIL/x86 Fuji 46 18
SEIL/BPV4 46 18

ブロック数の指定方法

例えば、SEIL/B1において一つの機能に44ブロック全てを割り当てる場合、デフォルトで割り当てられる1ブロックに44を追加するため、45を設定します。同様に四つの機能に11ブロックづつ割り当てる場合には、それぞれ12を設定します(11を設定すると4ブロック余ります)。

なお、ブロックの割り当て状況は show status syslog コマンドにより確認できます。

syslog remote

ログをリモートサーバに転送するか否かを設定する。

syslog remote { on | off }
既定値
off
on
転送する
off
転送しない

syslog add

ログの転送先とするリモートホストの設定を追加する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 4
SEIL/X1 4
SEIL/X2 4
SEIL/x86 Fuji 4
SEIL/BPV4 4
syslog add <IPaddress>
<IPaddress>
リモートホストのIPアドレス

syslog delete

ログの転送先とするリモートホストの設定を削除する。

syslog delete { <IPaddress> | all }
<IPaddress>
リモートホストのIPアドレス
all
すべて削除する

syslog facility

リモートホストにログを転送する際のファシリティを設定する。

syslog facility { <facility> | system-default }
<facility>
ファシリティ値
設定範囲
local0 - local7
system-default
既定値を使用する
既定値
local1

syslog sequence-number

リモートホストにログを転送する際に、ログメッセージにシーケンス番号を付加するか否かを設定する。

syslog sequence-number { on | off }
既定値
off
on
付加する
off
付加しない

Note

起動時直後のログのシーケンス番号は1です。

シーケンス番号は999999999を越えると1に戻ります。

syslog alternate-timestamp

リモートホストにログを転送する際に、タイムスタンプをログメッセージのMSG部に付加するか否かを設定する。

syslog alternate-timestamp { on | off }
既定値
off
on
付加する
off
付加しない(RFC準拠の書式)

Note

時刻をMSG 部に記録することで、サーバがSYSLOGメッセージを受信した時刻とSEILが送信した時刻の両者を記録可能になります。