ログとログ一覧の読み方

SEILの各機能を提供する内部プログラムは、動作の経過を示すログ、正常な処理完了を示すログ、異常の発生を示すログ、といった様々なログを随時出力します。 出力した機能の種別はfunctionとして、また、注意を必要とする度合いはlevelとして示します。

ログ一覧の記載内容

ログメッセージ
ログの内容です。 <ipaddress>のように記載されている部分は、 実際には状況に応じて内容が変わることを示しています。この場合は、何らかのIPアドレスの値が表示されます。
説明
各ログについて、どういった内容であるのかを簡単に説明します。 また、一部のログは典型的な出力要因や対処方法について記載しています。

ログのレベル

ログは、注意を必要とする度合いによって以下のようにレベル分けされています。
alert
critかつ他のシステムにも悪影響を与える可能性がある
crit
(再起動が必要、など)オペレータの介入が必要
error
設定/仕様通りの動作が不可能な問題
warn
異常が疑われる事象が発生した("show log level" コマンドでは "warning" を指定)
notice
正常動作だが特に通知すべき事象
info
一般的な動作状況の通知
debug
開発及び動作解析の ためのより詳細な情報。"syslog debug-level on" が設定されている場合のみ記録される