wol-target

Wake on LANパケットの送信先を設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

wol-target add

Wake on LANパケット送信先の設定を追加する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 64
SEIL/X1 64
SEIL/X2 64
SEIL/x86 Fuji 64
SEIL/BPV4 64
wol-target add <name> mac-address <MACaddress>
  interface { <lan> | <vlan> }
wol-target add <name> mac-address <MACaddress>
  dst <IPv4address> [dstport { system-default | <port> }]
<name>
ターゲット名
設定範囲 備考 予約語
1 - 32文字 [ ? \ " ] を除く all
mac-address
送信先MACアドレス
<MACaddress>
MACアドレスを指定する
interface
送信先インタフェース
<lan><vlan>
インタフェース名を指定する
dst
送信先IPv4アドレス
<IPv4address>
IPv4アドレスを指定する
注: ユニキャストアドレスを指定する場合は 'arp add' コマンドで静的ARPを設定しアドレス解決を補助する必要があります。また、このためユニキャストアドレスの設定数上限は静的ARPの設定数上限に依存します。
dstport
送信先ポート
<port>
ポート番号を指定する
system-default
既定値を使用する
既定値
9

Note

追加されたターゲット名は、wolコマンドのWake on LANパケット送信先の指定に使用することが出来ます。

wol-target delete

Wake on LANパケット送信先の設定を削除する。

wol-target delete { <name> | all }
<name>
削除するエントリの設定名
all
すべてのエントリ

wol-target external

Wake on LANパケットの送信先ターゲットリストを外部システムから読み込むよう設定する。

wol-target external { none | <URL> } [interval { system-default | <time> }]
既定値
none
<URL>
URLを指定する (スキーム指定により任意のプロトコルを使用する)
設定範囲 備考
1 - 128文字 [ ? \ " ] を除く
none
URLの指定を無効にする
interval
送信先ターゲットリストの定期取得間隔
<time>
取得間隔を指定する
設定範囲 備考
60s - 24h XXhXXmXXs形式
system-default
既定値を使用する
既定値
1h

Note

注: スキームにhttpsを使用する場合の注意事項
  • HTTPSのサーバ証明書の検証及び、クライアント認証はサポートしていません
注: ホスト名を指定する場合の注意事項
  • リモートホストを指定する際にIPアドレスではなくホスト名を指定する場合、名前解決のためにリゾルバの設定が必要です。

リスト取得の動作

  • 1回のリスト取得につき、20秒経過時点で取得が完了しない場合は取得失敗とみなします。
  • リスト取得に失敗した場合は1分後に再取得を試み、最大10回リトライします。10回のリトライ以降のリスト取得、コンフィグにて設定された定期取得間隔に従います。
  • リスト取得に成功するまでは、以前に取得したリストの内容を保持します。
  • コマンドラインで設定した送信先ターゲット名と同一のラベル名が外部リストに記載されていた場合、外部リストの設定内容を優先します