function: ether

level ログ 意味
crit link down キャリアをロストした。
補足: 意図しないlink downが発生する場合、回線速度やhalf-duplex/full-duplexなどのメディア設定、対向機器の設定や動作状況、ケーブルの種類や品質などをご確認ください。
crit link up (<media>) キャリアを検出した。
補足: 実際にlink upしたメディア<media>を表示します。
crit media change (<media>) メディアの変更を検出した。
補足: 変更後のメディア<media>を表示します。
crit route eived signal <x1> at <x2> (si_addr 0x0); aborting...  
error bridge: member allocation failed メモリ不足のためブリッジメンバーを追加できなかった。
error bridge: bdg_forward for local pkt

ブリッジグループ内のインタフェース宛のフレームをブリッジで転送しようとした。

error <ifname>: odd nibble workaround invalid preamble 不正なプリアンブルのパケットを受信した。
error mii read address is mismatch, phy number #<n> miiのreadするアドレスが一致しなかった。
error mii write address is mismatch, phy number #<n> miiのwriteするアドレスが一致しなかった。
warn <ifname>: odd nibble workaround, frame length is too short (<length>) 短すぎるフレームを受信した。
warn <ifname>: odd nibble workaround FCS error 不正なFCSのパケットを受信した。
warn <ifname>: can not allocate command buffer from free pool allocator 送信コマンドのバッファの確保に失敗しました。
warn <ifname>: there are a lot of number of segments of transmission data 送信データのセグメント数が多すぎる。
warn <ifname>: can not allocate gather buffer from free pool allocator free pool allocatorからgatherバッファを確保できなかった。
warn <ifname>: failed in the transmission of the packet パケットの送信に失敗しました。
warn Can not complete autonegotiation yet autoネゴシエーションが完了できなかった。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 1) 受信パケットをdropした。(partial error)
補足: 内部バッファにパケット全体が格納出来なかった(受信過負荷の状態)。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 2) 受信パケットをdropした。(jabber error)
補足: パケットが大きすぎ、かつトランケートされている(ジャンボフレームを受け取った場合)。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 3) 受信パケットをdropした。(overrun error)
補足: パケットが大きすぎ、かつCRCが誤っている。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 5) 受信パケットをdropした。(aligment error)
補足: パケットがbyte単位の整数値で表現できない長さであり、CRCに誤りがある(全二重のメディアタイプを設定し、対向装置と不一致の場合に発生することがある)。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 6) 受信パケットをdropした。(aligment error)
補足: パケットが許可している長さよりも小さく、CRCに誤りがある(全二重のメディアタイプを設定し、対向装置と不一致の場合に発生することがある)。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 7) 受信パケットをdropした。(GMX FCS error)
補足: パケットのCRCが誤っている(全二重のメディアタイプを設定し、対向装置と不一致の場合に発生することがある)。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 8) 受信パケットをdropした。
補足: パケットサイズが許可している長さより小さい(64バイト以下)。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 9) 受信パケットをdropした。(extended error)
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 10) 受信パケットをdropした。(length mismatch)
補足: 受信したフレームのL2HDRのlengthの値が実際の受信フレームサイズと合っていない(壊れた802.3フレーム)。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 11) 受信パケットをdropした。(RGMII RX error)
補足: RGMIIでパケットが、データ受信エラーになった。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 12) 受信パケットをdropした。(RGMII skip error)
補足: RGMIIでパケットがスキップバイトをカバーするための十分な長さをもっていなかった。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 13) 受信パケットをdropした。(RGMII nibble error)
補足: RGMIIでニブルエラーが発生した。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 17) 受信パケットをdropした。(skip error)
補足: パケットがスキップバイトをカバーするための十分な長さをもっていなかった。
warn <ifname>: the reception error had occured, the packet was dropped (error code = 18) 受信パケットをdropした。(L2 header malformed)
補足: パケットが、L2ヘッダを含むだけの十分な長さをもっていなかった。
warn interface <ifname>: #<n> packets dropped due to overload. 受信過負荷により <n> パケットが受信されずに破棄された
補足: 受信トラフィックが本機の転送性能を超えています。
notice == OLDER "ether" LOG MESSAGES WERE TRIMMED == ログの記憶領域の制限により、function etherのこれ以前のログは破棄された。
notice <ifname>: the preamble processing is switched to hardware プリアンブルの処理をハードウェアに切替えた。
notice <ifname>: the preamble processing switch function is start プリアンブル処理切替え機能を開始した。
notice <ifname>: unable to prepend encap header VLANのカプセル化処理ができなかった。
補足: メモリ等のリソース不足が考えられます。
info cannot add macfilter: <name> MACアドレスフィルタ<name>を登録できなかった
info bridge: <addr> seen on different interfaces, to <interface1> from <interface2> 異なるインタフェースから同一のソースMacアドレス<addr>を持つフレームを受信した。
補足: ブリッジの学習テーブルを<interface2>から<interface1>に書き換えて動作を続行しますが、無限ループを防ぐために、先頭の1フレームをドロップします。ネットワークにループが発生している可能性がありますので、ネットワーク構成をご確認ください。
info bridge: IPv4 bridging capability off IPv4 パケットに対するブリッジ機能を無効化した。
info bridge: IPv4 bridging capability on IPv4 パケットに対するブリッジ機能を有効化した。
info bridge: IPv6 bridging capability off IPv6 パケットに対するブリッジ機能を無効化した。
info bridge: IPv6 bridging capability on IPv6 パケットに対するブリッジ機能を有効化した。
info bridge: disabled (#<n>) ブリッジ(番号<n>)を無効化した。
info bridge: enabled (#<n>) ブリッジ(番号<n>)を有効化した。
info macfilter blocked: src <macaddr> 送信元MACアドレスが<macaddr>のフレームを破棄(block)した。
info macfilter passed: src <macaddr> 送信元MACアドレスが<macaddr>のフレームを通過(pass)した。
info stp: state <state_name> (<interface_name>) インタフェース<interface_name>でSTPの状態が<state_name>に遷移した。
info <ifname>: too short frame (len=<num>) フレームサイズが小さ過ぎる(サイズは <num>)
info <ifname>: oversized frame (len=<num>) フレームサイズが大き過ぎる(サイズは <num>)
debug bridge: disabled stp (#<n>) ブリッジ(番号<n>)のSTPを無効化した。
debug bridge: enabled stp (#<n>) ブリッジ(番号<n>)のSTPを有効化した。
debug jumbo frame was received ジャンボフレームを受信しました。
debug Unable to allocate send buffer 送信バッファの確保に失敗した。
debug Unable to allocate receive mbuf header 受信パケットのヘッダのバッファ確保に失敗した。
debug Unable to allocate receive mbuf cluster 受信パケットのバッファの確保に失敗した。
debug <ifname>: link is not up, the packet was dropped linkがupしていないためパケットをdropした。
debug pow interrupt rate optimized #<m>->#<n> パケットの受信レートを最適化した
補足: 設定内容とトラフィック状況に基づき、受信処理が自動的に最適化されました。