function: smf

level ログ 意味
crit failed to reboot 再起動の実行に失敗した。
補足: 再起動に失敗しているため、手動で再起動してください。
error SSL connect error SSLのコネクション作成に失敗した。
error can not fork keep alive process KEEP ALIVEを送るプロセス作成に失敗した。
error can not read SUP CAs "<path>" SMFのSUP-pullで使用するRoot CAの証明書の読み込みに失敗した。
error can not read SUP CAs SMFのSUP-pullで使用するRoot CAの証明書の読み込みに失敗した。
error can not read my SUP certificate "<path>" SMFのSUP-pullで使用するクライアント証明書の読み込みに失敗した。
error can not read my SUP certificate SMFのSUP-pullで使用するクライアント証明書の読み込みに失敗した。
error can not read my SUP private key "<path>" SMFのSUP-pullで使用するクライアント秘密鍵の読み込みに失敗した。
error can not read my SUP private key SMFのSUP-pullで使用するクライアント秘密鍵の読み込みに失敗した。
error can't connect SUP servers SUPサーバに接続できない。
補足: 指定したすべてのSUPサーバに接続できませんでした。
error can't open <path> ファイル<path>をオープンできなかった。
error specified no SUP servers SUPサーバが一つも指定されていない。
error timeout for boot/LS-Pull/RS-Pull 設定された時間内にLS-Pull/RS-Pullの動作を完了できなかった。
補足: SAを接続している回線やネットワークの接続や設定が正しいか、LS/RSサーバの設定が正しいか、また回線やネットワークに障害が起きていないかを確認し、問題がないことが確認できたら手動で再起動してください。
error asprintf() failed: <エラー理由>. <エラー理由>でasprintf()が失敗した。
error system() failed: <エラー理由>. <エラー理由>でsystem()が失敗した。
error phash execute error phashが実行できなかった。
error file open failed: <file> <file>のオープンに失敗した。
error can not open file: <file> <file>がオープンできなかった。
error can not create yamlconf context yamlconf contextが作成できなかった。
error con not write Distribution ID version Distribution ID versionが書けなかった。
error can not write Distribution ID vendor code Distribution ID vendor codeが書けなかった。
error can not write Distribution ID sa type Distribution ID sa typeが書けなかった。
error can not write Distribution ID sa code Distribution ID sa codeが書けなかった。
error can not write server<number> host <number>目のserverのhostが書けなかった。
error can not write server<number> port <number>目のserverのportが書けなかった。
error can not write server<number> passphrase <number>目のserverのpassphraseが書けなかった。
error can not write server<number> interval <number>目のserverのintervalが書けなかった。
error can not write server<number> numalg <number>目のserverのnumalgが書けなかった。
error can not write server<number> algorithm<index> <number>目のserverの<index>番目のalgorithmが書けなかった。
error can not emit config (config file is NULL) configを書きだせなかった。
error expand heartbeat config file wrong something SMFv2用heartbeatのcofig fileの作成に失敗した。
error can not send terminate signal to <pid> SIGTERMを<pid>に送れなかった。
error Invalid Hop count <number>. <number>はHop countとして正しくない。
補足: 指定された<number>は、Hop countの最大値を越えています。
error popen() failed: <reason> command is <command> <reason>という理由で、popen()が失敗した。実行しようとしていた外部コマンドは<command>。
error fopen() failed: <reason> <reason>という理由で、fopen()が失敗した。
error malloc() failed: <reason> <reason>という理由で、malloc()が失敗した。
error fread() failed: <reason> <reason>という理由で、fread()が失敗した。
error Invalid size specified 指定されたサイズが正しくない。
補足: サイズが0のバッファを確保しようとしています。
error malloc(<size>) failed: <reason>. <reason>という理由で、<size>の大きさのメモリ確保に失敗した。
error NULL pointer passed(data) 渡されたポインタ変数dataの値がNULLである。
error sbuf_alloc(<size>) failed. 大きさ<size>のバッファが確保できなかった。
error sbuf_set_data() failed. sbuf_set_data()が失敗した。
error sbuf_complete() failed. sbuf_complete()が失敗した。
error NULL pointer passed(sbuf) 渡されたポインタ変数sbufの値がNULLである。
error Invalid size <size> specified. <size>という値は正しいサイズではない。
error realloc(<size>) failed: <reason> <reason>という理由で、大きさ<size>のメモリを再確保できなかった。
error No buffer space in sbuf. sbufのバッファ領域が確保されていない。
error NULL pointer passed(buf) 渡されたポインタ変数bufの値がNULLである。
error Invalid buffer length specified. buffer長の指定が正しくない。
error sbuf_clear_data() failed. sbuf_clear_data()の実行に失敗した。
error sbuf_add_space() failed. sbuf_add_spece()の実行に失敗した。
error Offset underflowed. オフセットの値が境界値よりも小さい。
error Broken sbuf(sbuf_used) sbufの値が壊れている。
error NULL pointer passed(buflen) 渡されたポインタ変数buflenの値がNULLである。
error Broken sbuf(invalid sbuf_offset) sbufの値が壊れている。
error Empty sbuf sbufが空である。
error Broken sbuf(Invalid sbuf_used) sbufの値が壊れている。
error vasprintf() failed: <reason> <reason>という理由で、vasprintf()の実行に失敗した。
error sbuf_add_data() failed. sbuf_add_data()の実行に失敗した。
error NULL pointer passed(fmt) 渡されたポインタ変数fmtの値がNULLである。
error sbuf_vprintf() failed. sbuf_vprintf()の実行に失敗した。
error cannot add character '<文字>' <文字>を追加することができなかった。
error NULL pointer passed(fname) 渡されたポインタ変数fnameの値がNULLである。
error sbuf_ins_head() failed. sbuf_ins_head()の実行に失敗した。
error sbuf_printf() failed. sbuf_printf()の実行に失敗した。
error acmd_config_create() failed. acmd_config_create()の実行が失敗した。
error acmd_config_set_begin() failed. acmd_config_set_begin()の実行が失敗した。
error acmd_config_set() failed. acmd_config_set()の実行が失敗した。
error acmd_config_set_end() failed. acmd_config_set_end()の実行が失敗した。
error acmd_config_destroy() failed. acmd_config_destroy()の実行が失敗した。
error acmd_commit_start() failed. acmd_commit_start()の実行が失敗した。
error acmd_config_commit_rollback() = <number> エラー番号<number>という理由で、acmd_config_commit_rollback()の実行が失敗した。
error rcstrdup() failed rcstrdup()の実行が失敗した。
error mdb_find_module_by_id() failed mbd_find_module_by_id()の実行が失敗した。
error mod_suicide() failed mod_suicide()の実行が失敗した。
error sbuf_alloc() failed. sbuf_alloc()の実行が失敗した。
error update-firmware failed. update-firmwareの実行に失敗した。
補足: ファームウェアの更新が失敗してしまいました。
error cannot dump arms state: not enough size 十分な大きさがない。
error cannot dump arms state: <error> エラー番号<error>という理由で、dump armsの実行が失敗した。
補足: libarms内の状態の取得が失敗しました。
error error at saving arms state arms stateの保存処理中にエラーが発生した。
error error at saving arms state to flashrom arms stateをFlashROMへ保存する処理中にエラーが発生した。
error cannot save arms state arms stateを保存した。
補足: arms stateを保存できませんでした。
error cannot restore arms state: not enough size 十分な大きさがない。ありません。
error cannot restore arms state: <result> 実行結果の値は<result>である。
補足: RS-PULL状態キャッシュの値を内部状態に戻す操作が失敗した場合の実行結果です。
error spawn command: <error> <error>という理由でコマンドの実行が失敗した。
error spawn exec: <command>: <error> <error>という理由で、<command>を起動できなかった。
error account information is too long account情報が長すぎた。
補足: PPPのアカウント名かパスワードが長すぎます。
warn SUP server's certificate check error: <error> サーバ証明書の検証結果、エラー番号<error>だった。
補足: 正しい証明書ではないと判断されました。
warn unsupported method 指定されているmethodはサポートされていない。
補足: 指定可能なmethodは、http/httpsだけです。
warn unsupported method: URL: <url> <url>で指定されているmethodはサポートされていない。
補足: 指定可能なmethodは、httpとhttpsだけです。
warn can not send report-status SUP-pullのreport-statusを送れなかった。
補足: SUPサーバにreport-statusを送ることができませんでした。
warn can not send send-config-error SUP-pullのsend-config-errorを送れなかった。
補足: SUPサーバにsend-config-errorを送ることができませんでした。
warn <number> error(s) in <config> 取得した<config>に<number>個のエラー行があった。
補足: エラーとなった行は無視されます。
notice child process exit for the time limit exceeded SUPサーバにSMF keepalivceを送信するプロセスがI/O待ちのタイムアウト処理によって終了した。
補足: SUPサーバとの通信中に長時間のI/O待ち状態が続いたため、問題が発生したと判断してSMF keepaliveの送信を中断しました。この後、再送処理に入ります。
notice == OLDER "smf" LOG MESSAGES WERE TRIMMED == ログの記憶領域の制限により、function smfのこれ以前のログは破棄された。
notice clear-status request: module 1 / <command> Module:1 に対して、<command>を実行してステータスのクリアが要求された。
補足: Module:1は特殊なモジュールであるため、clear-statusの実行は必ず成功しますが、なにもおこりません。
notice clear-status request: <command> <command>を実行してステータスのクリアが要求された。
notice ping request: dst=<dst>, count=<count>, size=<size> <dst>に対して<count>回、<size>のパケットサイズでPINGを実行する。
補足: 指定されたホストに対して、指定されたサイズのPINGを指定された回数だけ実行します。
notice traceroute request: addr=<addr>, count=<count>, maxhop=<maxhop> <addr>までの経路を<maxhop>まで、一つ辺りの試行<count>回でTRACEROUTEを実行する。
notice md-command request: <command> <command>の実行が要求された。
補足: SA固有のコマンド<command>の実行が要求されました。
notice dump-debug request: ... dump-debugの実行が要求された。
notice read-status request: <command> ステータス取得のために<command>を実行することが要求された。
notice <action> request: module <id>, version <version> Module:<id>(モジュールのバージョンは<version>)に対して、<action>の実行が要求された。
補足: 指定されたモジュールに対してコンフィグ変更の操作が行われます。
notice read-storage request: module <id> / <config type> Module:<id>に対して、<config type>のコンフィグ内容の読み出しが要求された。
補足: 指定されたモジュールから指定されたコンフィグの内容を読み出します。
notice Add-on configuration (id=<id>, info=<info> action=<action>) add-onモジュール(Module:<id>)のコンフィグ変更操作を実行する。
補足: 指定されたadd-onモジュールのコンフィグ変更操作を行います。
notice supd(IPv4): create keepalive status info. SMFとIPv4で通信するための内部情報を作成する。
notice supd(IPv4): delete keepalive status info. SMFとIPv4で通信するための内部情報を削除する。
notice supd(IPv6):create keepalive status info. SMFとIPv6で通信するための内部情報を作成する。
notice supd(IPv6): delete keepalive status info. SMFとIPv6で通信するための内部情報を削除する。
info getting initial configuration from SUP server SUPサーバから設定情報を取得する。
補足: SUPサーバに設定情報を要求し、取得しようとしています。
info reporting status to SUP server SUPサーバにステータスを送る。
補足: SUPサーバに設定情報取得動作の結果を送っています。
info send first keep alive after <time> second(s) <time>秒後に最初のKEEP ALIVEを送信する。
info send keep alive KEEP ALIVEを送信した。
info send next keep alive(<times>) after <time> second(s) 次のKEEP ALIVE(<times>回目)は<time>秒後に送る。
補足: 次の<times>回目のKEEP ALIVEは<time>秒後にサーバに送られます。<times>が負数の場合は送信失敗による再送の回数を示します。
info starting as daemon mode daemonとして動作する。
補足: daemon modeで動作しています。
info no errors in <config> 取得した<config>にエラー行はありません。
補足: SUPサーバから取得した<config>にエラーと判断された行はありませんでした。
info <action> <type> line (<result>) <type>の回線に<action>を実行し、結果は<result>だった。
補足: 回線に対して接続/切断/状態取得を行い、実行後の状態を取得しました。
info access to RS RSへアクセスしている。
補足: RS-PULLの実行を開始しました。
info read initial-Config for stage(ls-stg) ls-stg用のInitial-Configを読み込んだ。
補足: ステージ環境にあるLSサーバに対してLS-PULLを行う場合のInitial-Configを読み込みました。
info fetching firmware image... ファームウェアイメージを取得している。
補足: ファームウェア自動更新機能が動作しており、ファームウェア取得動作を始めています。
info armsd daemon start armsdが起動した。
補足: SMFv2対応SAとしての機能を提供するdaemonが起動しました。
info penalty wait = <待ち時間>(s) before RS-PULL RS-PULLを始める前に<待ち時間>秒待つ。
補足: ファームウェア自動更新機能によってファームウェアの更新ができなかった場合、あらあためてRS-PULLを行う前に通常のRS-PULLよりも長い待ち時間が入ります。
info Pull requested. Restarting... 再PULLが要求された。
補足: RSからのLS-PULL/RS-PULLの再実行が指示されたか、NAT環境に置かれていることがわかったためRS-PULLを再実行する必要が発生しました。
info Reboot requested. Rebooting... 再起動が要求された。
補足: RSから再起動の要求を受け取ったため、再起動します。
info reboot request 再起動が要求された。
補足: RSから再起動の要求を受け取ったか、ファームウェアの自動更新が成功したために再起動が必要になりました。
info execute ping(count = <count>) <count>回、PINGを実行する。
info send terminate signal to heartbeat client daemon SIGTERMをSMFv2用heartbeat clientに送信した。
補足: SMFv2用heartbeat clientを停止しています。
info state changed: <new> (from <old>) stateが<old>から<new>に変更された。
補足: SMFv2対応SAのstateが<old>から<new>に変更されました。
info execute traceroute tracerouteを実行する。
info <ARMSd-Config-CB>: version mismatch: current(<current>) != version(<version>) Module:0の動作中のバージョンと、コンフィグのバージョンが異なってる。
補足: 動作中のファームウェアのバージョンは、RSから渡されたコンフィグを動作させるためのファームウェアのバージョンと異なっているため、ファームウェアを更新する必要があります。
info Configuration buffer is NULL. configuration bufferの値がNULLである。
補足: コンフィグの内容が入っているバッファーが渡されていません。
info Downloading package file of module... モジュールのためのpackege fileをダウンロードしている。
補足: 指定されたモジュールを組み込むためにパッケージファイルをダウンロードしています。
info Loading configuragion into module system... コンフィグをモジュール管理システムロードしている。
info Configration handler created. congigration handlerが作成された。
補足: コンフィグをロードするためのハンドラーが作成されました。
info Configuration load start. コンフィグのロードを開始した。
info Loading configuration... コンフィグをロード中。
info Configuration load done. コンフィグのロードが終了した。
info Configuration loaded successfully!! コンフィグのロードが成功した。
補足: コンフィグのロードが成功し、作業中に使用していたハンドラーを解放しました。
info read_config_cb() called. read_config_cb()が呼ばれた。
補足: add-onに対して、read_config_cb()が呼ばれました。
info MDB Entry: index <index>, id <id>, name <name> MDBエントリーの<index>番目は、モジュールIDが<id>でモジュール名が<name>である。
補足: <index>番目のMDBエントリーの情報です。
info Updating firmware to <version> ... ファームウェアを<version>に更新している。
info update-firmware: url not found URLが見つからない。
補足: ファームウェアを取得するためのURL情報がありません。
info update-firmware successed. update-formwareの実行が成功した。
info save arms state. arms stateを保存した。
補足: RS-PULL状態キャッシュを保存します。
info saved arms state to flashrom arms stateがFlashROMへ保存された。
補足: RS-PULL状態キャッシュをFlashROMへ保存しました。
info restored arms state from flashrom arms stateを内部状態に戻した。
補足: RS-PULL状態キャッシュの値を内部状態に戻しました。
info failed to send keep alive, retry to send keep alive keep aliveを送信できなかった。keep aliveを再送する。
info retry to send keep alive <count> time(s) <count>回のkeep aliveを再送した。
補足: keep aliveの再送を始めてから <count> 回目のkeep alive再送で送信に成功しました。
debug <function_name>:<line_number>: invalid server url: '<url>' uSUPサーバを指定する<url>のフォーマットが無効。
debug <function_name>:<line_number>: no more memory メモリが確保できない。
補足: メモリが不足しています。
debug SUP server's certificate is valid. サーバ証明書は有効。
補足: SUPサーバのサーバ証明書が有効であることを確認できました。
debug SUP Server's certificate is not yet valid. サーバ証明書が有効となる期間が始まっていない。
補足: サーバ証明書に書かれた開始期間になっていませんでした。ハードウェアの仕様上、起動直後は時計があっていないために、開始期間になっていないと判断されることがあります。
debug SUP Server's certificate has expired. サーバ証明書の有効期間を過ぎてしまっている
補足: サーバ証明書に書かれた終了期間を過ぎてしまっていました。時刻を正しく合わせていない場合には、終了期間を過ぎてしまっていると判断されることがあります。
debug can not open <path> ファイル<path>をオープンできなかった。
debug can't convert URL to string URLを内部表現したものから文字列に変換できなかった。
補足: パースされたURLの情報から文字列に変換できませんでした。
debug not changed my current address 送信する自分のアドレスに変更がなかった。
補足: 送信すべき自分のアドレスを調べたが、前回の値と変更がありませんでした。