リゾルバ

リゾルバ機能は、本装置自身がホスト名からIPアドレスを解決するための機能です。SACMでの運用上必ず設定する必要があります。

表 1. IPv4/IPv6対応状況
機能 IPv4 IPv6 備考
リゾルバで利用可能なDNS
ホストデータベースに設定するIPアドレス
表 2. デフォルトの動作状態
機能 状態 備考
リゾルバ 無効
注:

リゾルバの設定に不備があると、SACMによるモジュール(ファームウェア)の更新オペレーションが失敗し、次のような挙動を示します。

即時反映
内部ストレージのファームウェアは更新されず、そのまま継続稼働する(再起動しない)。次回起動時コンフィグのモジュールバージョンは更新される。
次回起動時反映
起動時に内部ストレージのファームウェアが更新されず、再起動(リトライ)を繰り返し「接続中」ステータスにならない
反映スケジュール指定
内部ストレージのファームウェアは更新されず、そのまま継続稼働する(再起動しない)。次回起動時コンフィグのモジュールバージョンは更新される

使用可能なDNSサーバ

  • 任意のDNSサーバ
  • IPCPで取得したDNSサーバ
  • DHCPで取得したDNSサーバ
  • DHCPv6で取得したDNSサーバ

使用するDNSサーバのアドレスファミリがIPv4であっても、AAAAレコードの解決に制限はありません。

ホストデータベースによる名前解決

コンフィグにホスト名とIPアドレスの対応を設定し、リゾルバによる名前解決時に優先的に参照させることができます。
参照順
  1. ホストデータベース
  2. DNS
注:
  • ホストデータベースには、ホスト名"localhost"および"localhost."として、IPアドレス"::1"および"127.0.0.1"があらかじめ登録されています。

DNSサーバの自動選択

複数のDNSサーバが使用可能な場合、コンフィグのインデックス番号順(DNS指定方法不問)に選択します。

DNSクエリが発生すると選択されたDNSに問い合わせ、正常な応答が無い場合は当該DNSサーバの使用を自動的に停止し、次のDNSを選択します。

IPCPで取得したDNSサーバについて
有効なPPPoEセッションのIPCPで取得したDNSサーバを、取得した順に使用します。
DNSサーバのリスト、優先順位、および選択状況はステータス参照コマンドで参照できます。